おすすめFX業者

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. アトランタへ。(04/09)
  3. TOEICを勉強して、海外出張を。(02/18)
  4. 子供にライフログを書かせるため、大人用の手帳を買いました。(01/28)
  5. 英語学習では、ESLPODの有料会員がお勧めな理由。(01/23)
  6. 一つ1,000円のリンゴと、一粒700円のイチゴに想う。(01/16)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

アトランタへ。

2014.04.09(23:36)
ジョージア州はアトランタへ行きました。

今回は、出張。相変わらず英語力の面で苦戦しましたが、良い経験ができました。

成田エクスプレス。出張の時だけ贅沢します。


アトランタは、コカコーラの街。


CNN本社。中に入る時間なく・・・


フーターズ。本場。


海外出張のチャンスを得よう。
先日の出張の記事でも書きましたが、TOEICで750点程度の英語力でも、さりげなくアピールしておけば、企業によっては海外出張のチャンスは回ってくると思います。

もし海外出張の機会を得たいのであれば、パスポートとTOEICの得点を用意しておきましょう。

そして、チャンスを得たら、しっかり準備して上手く出張をこなし、再び来る出張を待てば、チャンスは、また来るかと思います。

(私は、あまり良い成果はあげられず・・・反省しきり。)

*ご参考*
今回、デルタ航空のアメックスゴールドカードを急いで作ってから出張しましが、その感想メモをデルタ航空の上級会員(ゴールドメダリオン)を初体験。に記載しております。

←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

TOEICを勉強して、海外出張を。

2014.02.18(09:03)
もしあなたが海外出張したいのであれば、そしてTOEICを重視する会社であれば、あなたが国内専門のチームであれ、TOEICを勉強していればチャンスがやってくるのではないでしょうか。


久々に海外に行きました。

今回、会社人生二回目の米国出張へ行きました。



海外出張という意味では、約15年の会社人生で6回目です。普段から海外に行く様な職種の方からすると、たいした数ではありません。

しかし、私の働く会社は、外資系ではないユーザー系IT企業であり、海外出張は極々一部の海外担当部署で英語バリバリなメンバーや、元海外駐在経験者ばかり。他のメンバーには殆どチャンスの無い状況でした。

しかし、そんな企業にも、グローバル化の波が。

私は、以前の部署で国内顧客の運用を担当していたパッケージが、アジアの関係会社でも使われていたことから、数回のアジア出張のチャンスに恵まれました。



どうやって海外出張のチャンスを得たか

私は入社当時、海外にはほぼ行ったことがなく、興味もない人間でした。ちなみに、当時のTOEICは500点台前半。

しかし、新婚旅行で行った海外にて、日本とは異なる環境の面白さと、同じ海外旅行でも英語力があれば、もっと楽しめるのではないかとの思いが強くなり、独学でTOEICの勉強を開始し、コツコツと受験してきました。
(経緯は、当ブログのカテゴリ「TOEIC」の記事を参照下さい)

当時、TOEICスコアが610だったころ、社内での立ち話で、元上司に「英語できる?TOEIC何点くらい?」と何気なく聞かれ、「基本話せませんが610点」といった回答をしたところ、後日にアジア担当の話がおりてきました。

当時はTOEICを受けている人も少なく、600位でも、まぁまぁだったのかなと思います。しかし、TOEICを受けていなければチャンスはありませんでした。

最新のTOEICは760でしたが、英語力は、まだまだです。おそらく普通にビジネスの会話ができるのは、850程度でしょう。

しかし、社内で急な海外出張の必要が生じた際には、パスポートとTOEIC700程度あれば、まずは派遣候補には含まれるのではないかと思います。

TOEIC勉強して、是非、海外出張のチャンスを。



←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

子供にライフログを書かせるため、大人用の手帳を買いました。

2014.01.28(08:03)

子供にライフログを書かせたい
うちの子供(小学中学年)に、毎日少しでも、日記や思ったこと、欲しいもの、気になったことなどを書かせ、後で振り返ってもらおうと思っています。

そのため、以前にノートを買ってあげたことがあるのですが、長続きしませんでした。

しかも、たまにノートを使ったり、たまにはメモ帳を使ったりと、複数のところに書いていて、情報がバラバラでした。



大人用の手帳を買い与えました
そこで、ただのノートではなく、最初から日付が入っているノートであれば、毎日空白を埋める為に何か書くのではないか?と考え、それならばと、私自身が今年から利用していている大人用の手帳を、思い切って子供にも買い与えました。



DISCOVER DAY TO DAY DIARY の良いところ
1ページが1日分となっており、方眼になっているため、ひたすら自由に書くことができます。



結果は成功!子供は毎日、日記を書いています

子供としては、まずは大人用の本物の手帳をもらったことが、とても嬉しかった様で、毎日嬉々として書いています。

この手帳はサイズがやや大きく重いのですが、子供は普段出かける時も、持ち歩いてメモをを取ったりと、活用しています。
(サイズ:縦184mm×横128mm×厚さ15mm、重さ:410g)

また、(うちの子の性格も影響しているのかもしれませんが)書かないとその日のページが空白のまま終わってしまうので、もったいないという気持ちもあるようです。



まとめ
子供に買い与えるには、2500円程度と、決して安くはない価格でしたが、今のところ毎日日記が更新されており、買ってよかったと思っています。

毎日ほんの数行でも、気づいたことを書くことが、これからずっと習慣化されると良いなと思います。

少し気が早いですが、今年の大晦日には、家族で手帳を見ながら、今年を振り返ってみたいと思います。



←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

英語学習では、ESLPODの有料会員がお勧めな理由。

2014.01.23(08:15)

私は2012年初めより、ESLPOD(English as a Second Language Podcast)というPodcastを利用しています。



参考:ESLPODについて


現在のESLPOD利用状況
過去記事のときと変わらず、現在も月10ドルの有料会員を継続しています。無料会員でもPodcastを聴くことができますが、有料会員がダウンロードできるドキュメントは非常に有用です

ドキュメントの内容は、全文+単語の意味・例文+関連トピック(コラム)で、約10ページ。これを月・水・金の週3、一ヶ月で12~14ダウンロードできることを思えば、月10ドルは安いものです。(2012年よりは、だいぶ円安にはなりましたが・・)。

サンプルは次を参照下さい。
有料会員がダウンロードできるドキュメントのサンプルPDF


成果は?
TOEICのスコアを指標としてみると・・・

  • 受講前の2011年:730点
  • 2012年:740点
  • 2013年:760点
微妙なところではありますが、仕事でもプライベートでも殆ど英語を使わない中で、英語力維持には役立っていると思います。


ESLPODに必要な英語力
Podcast、テキストとも全て英語ですので、まずは高校生程度の英語力は必要かと思います。
ただし、単語は、難しい単語は解説が入りますし、iPhoneなどでドキュメントPDFの単語を長押しすれば辞書が引けます。
リスニングも非常にスローで、私は通常1.5倍速、2回目以降は2倍速で聴いています。
よって、恐るるに足りず、です。


まとめ
リーディング力と単語力は、通勤時間を利用したESLPODで学べると思っています。

一方、基礎的な文法と英会話は、自宅でのSkype英会話(イングリッシュ・ベル)で平日朝に学んでいます。

この両輪で、週末を犠牲にせず、総合的な英語力を向上したいと思います。月額費用面でも、イングリッシュ・ベルが20レッスンで9,800円、ESLPODが10USDですので、自己啓発費用としては常識的な範囲と考えます。


参考:イングリッシュ・ベルについて
以下の過去記事をご参照下さい。


←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

一つ1,000円のリンゴと、一粒700円のイチゴに想う。

2014.01.16(08:33)
仕事の合間に立ち寄ったデパート、日本橋三越の果物屋さんにて、高価なフルーツ達が。

リンゴの陸奥。1,000円


イチゴの、あまおう。700円。


さすがに大きくて形も良く、色も鮮やか。しかも、あまおうは、立派なケースに1個だけ入っています。

どんな方が買われて、どんな方へ渡されるのか、想像が膨らみました。


700円のイチゴの価値は、700円以上かも?

私の価値観からすると、これは高くて、自分用には買えません。

しかし贈り物として考えたとき、たとえば700円のワインを贈ってもインパクトは無いですが、700円の苺ならインパクト大です。そう考えると、あながち高くはないのかもしれません。

何かの時に、妻や両親、お世話になっている方へ贈ってみても良いかも、と思いました。


デパートは楽しい。

空き時間のデパートぶらぶら歩きは、「こんなものがここで手に入る」といった情報が手に入り、現物も見られますので、なかなか有意義でした。決まったものを買うのであればネット通販が便利ですが、たまには、デパートも良いものです。







←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

前ページ | ホームへ | 次ページ