1. スポンサーサイト(--/--)
  2. デルタ航空の上級会員(ゴールドメダリオン)を初体験。(04/24)
  3. アトランタへ。(04/09)
  4. TOEICを勉強して、海外出張を。(02/18)
  5. 子供にライフログを書かせるため、大人用の手帳を買いました。(01/28)
  6. 英語学習では、ESLPODの有料会員がお勧めな理由。(01/23)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

デルタ航空の上級会員(ゴールドメダリオン)を初体験。

2014.04.24(08:05)

最終更新日:2015/9/14




先日、デルタ航空のマイレージサービス(デルタ スカイマイル)のゴールドメダリオン資格を「買い」ました。


アトランタのデルタスカイクラブ(ラウンジ)にて。


デルタ航空のゴールドメダリオン資格とは?

デルタのマイレージの中で、年間50000マイル搭乗すると取得できる資格です。
メダリオン特典


ゴールドメダリオンを買った方法

デルタ航空の提携カードである、アメックス・ゴールドカードを作りました。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを作るだけで、デルタ航空のゴールドメダリオン資格を取得することができます。

作るだけと言っても、年会費は26,000円+税で28,080円。決して安くはありません。


28,080円払ってまでデルタ・アメックス・ゴールドカードを作った理由その1

たまたまアメリカ出張の機会が2度続き、両方ともデルタを使うことが決まっていましたが、1度目はカードを作らず出発しました。

その際、行きも帰りも満席状態の中、ゴールドメダリオン資格を持った同行者が、ビジネスクラスに無料アップグレードしました。

この様に、(いつもではないのでしょうが)アップグレードの可能性が高まることは大きなメリットと感じました。
(残念ながら、カード作成後初フライトの今回は、アップグレードされませんでしたが・・。)


デルタ・アメックス・ゴールドカードを作った理由その2

デルタのアメックス・ゴールドカードは、とにかくマイルがたくさん貯まります。

デルタのゴールド・メダリオン会員は、区間基本マイルの100%のボーナスマイルを取得できます。つまり、いつもマイルが2倍です。

さらに

  • 入会ボーナスマイル 8000マイル(キャンペーン期間なら+8,000マイル)
  • 入会後初フライトで10,000マイル(ビジネスなら25,000マイル)
を取得できます。

特に入会キャンペーンは、頻繁に開催されています。この8000マイルは、初年度の年会費が引き落とされた後、忘れた頃に付与される様です。


実例、アトランタ往復だけで45,400マイル

成田からアトランタは、通常は往復で13,700マイルですが、今回は37,400マイル取得しました。内訳は次の通りです。

  • 13,700マイル・・・通常のマイル

  • 13,700マイル・・・100%ボーナスマイル

  • 10,000マイル・・・入会後初フライトボーナスマイル



少し遅れて、入会ボーナスマイル 8,000マイルが入っていました。


ここまで1往復フライトで45,400マイル。さらに後日、年会費引き落としタイミングで、入会ボーナスマイル2倍キャンペーンの8,000マイルが入ってくる予定です。

補足:年会費引き落とし後2ヶ月程度で、入会ボーナスマイルの8,000マイルが入りました。

8,000マイル、貰いました。


もうすぐ70,000マイルです。


上級会員ならではのサービスを享受。

当たり前ですが、デルタ航空のゴールドメダリオン会員は、上級会員ならではの、ラウンジや優先チェックインのサービスも受けることができます。

これらサービスは、搭乗クラスがエコノミーでもOKです。

成田の優先チェックイン

一般のチェックイン機が大混雑でしたが、担当者へiPhoneアプリでゴールドメダリオン会員証を見せたところ、
「ゴールドメダリオン会員様ですね。是非こちらへ」
と、空いているカウンターへ案内され、あっという間にチェックイン。
こちらが恐縮するくらい丁寧な対応でした。



成田空港のデルタ・スカイラウンジ

迅速なチェックインの後は、成田のスカイラウンジに入り、軽食・お酒を楽しみました。

注意としては、エコノミークラスでもラウンジサービスを受けられるのは、当日のデルタ航空(またはスカイチーム)でフライト予定のゴールドメダリオン会員本人+同伴者一名のみです。 よくカード会社乗り合いラウンジにある様な、子供は無料等のサービスは、無い様です。


スカイラウンジは、空いている

成田では、JALやANAの上級会員ラウンジは、上級会員が非常に多いために混むと聞きますが、デルタのラウンジは、それ程混まない様です。


エールフランスの素敵なラウンジも体験可能

デルタのゴールドメダリオン資格は「スカイチームのエリートプラス資格」を兼ねており、スカイチームの上級会員向けラウンジも利用できます。

成田では、エールフランスのラウンジが豪華とのことで、次回は是非行ってみたいと考えています。他には、大韓航空なども、スカイチームです。

スカイチーム・ラウンジ


優先搭乗、荷物の優先引き取り

荷物も、もちろんすぐに出てきます。ゴールドメダリオン会員なら、スーツケース2つまで無料ですので、荷物が多くても大丈夫。


いつカードを申し込めば、次のフライトに間に合うか?

私の場合、オンライン申し込み後3日後には、デルタのホームページ上で、会員資格がゴールドメダリオンに変わりました。

この時点で、デルタのiPhoneアプリやpassbookではゴールドメダリオン会員証を表示できたので、搭乗の際の各種優待は受けられるものと思われます。

Fly Delta
Fly Delta (無料)
(2014.07.08時点)
posted with ポチレバ


デルタ・アメックスゴールドカード自体は、申し込みから一週間後に届きました。

この様に、案外早くカードが到着しますので、出張が差し迫った場合でも、検討に値するカードです。


ゴールドメダリオンキットについて

入会後一ヶ月でゴールドメダリオン会員キットが届きます。

中身は、ゴールドメダリオン達成を祝うメッセージ(今回はお金で買った権利ですが・・・)、ゴールドメダリオン会員証、荷物用のタグ二つ、機内でカクテルを頂けるチケットなどでした。


結論

一往復ですが、マイルが沢山溜まり、ラウンジや優先搭乗等のサービスも受け、大変満足しました。

また、例えば恋人など大切な方とのご旅行を予定されている方にも、エコノミークラス利用時でも、会員専用ラウンジで大切な方をもてなすことができるのは、大きな大きなメリットだと思います。

さらに、普段使いのカードとしても、アメックスゴールドカードなら、どんな場面でも堂々と利用できます。その利用ポイントは期限なしのデルタスカイマイルに変わります。ちなみに、このカードを解約したとしても、このデルタスカイマイルは残ります。

しかし、年に二往復程度のフライトが無いと、年会費の元は取れない気もします。

逆に、年に二往復以上、デルタ航空やスカイチームでフライトされる方には、是非お勧めしたいカードです。

次回は是非、ビジネスクラスへのアップグレードとエールフランスのラウンジを経験したいと思っています。




以下ご参考。デルタ航空搭乗予定がある方や、入会ボーナスマイル2倍キャンペーン中が、良いタイミングかと思います。
デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


2015/9/14追記

2015/9/16より、入会したら8,000マイルもらえるキャンペーンが再開される様です。8,000マイルは1%還元のカード利用でも80万円利用に相当するマイルです。入会を迷っているなら、キャンペーン期間内がお得です。

←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



アトランタへ。

2014.04.09(23:36)
ジョージア州はアトランタへ行きました。

今回は、出張。相変わらず英語力の面で苦戦しましたが、良い経験ができました。

成田エクスプレス。出張の時だけ贅沢します。


アトランタは、コカコーラの街。


CNN本社。中に入る時間なく・・・


フーターズ。本場。


海外出張のチャンスを得よう。
先日の出張の記事でも書きましたが、TOEICで750点程度の英語力でも、さりげなくアピールしておけば、企業によっては海外出張のチャンスは回ってくると思います。

もし海外出張の機会を得たいのであれば、パスポートとTOEICの得点を用意しておきましょう。

そして、チャンスを得たら、しっかり準備して上手く出張をこなし、再び来る出張を待てば、チャンスは、また来るかと思います。

(私は、あまり良い成果はあげられず・・・反省しきり。)

*ご参考*
今回、デルタ航空のアメックスゴールドカードを急いで作ってから出張しましが、その感想メモをデルタ航空の上級会員(ゴールドメダリオン)を初体験。に記載しております。

←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



TOEICを勉強して、海外出張を。

2014.02.18(09:03)
もしあなたが海外出張したいのであれば、そしてTOEICを重視する会社であれば、あなたが国内専門のチームであれ、TOEICを勉強していればチャンスがやってくるのではないでしょうか。


久々に海外に行きました。

今回、会社人生二回目の米国出張へ行きました。



海外出張という意味では、約15年の会社人生で6回目です。普段から海外に行く様な職種の方からすると、たいした数ではありません。

しかし、私の働く会社は、外資系ではないユーザー系IT企業であり、海外出張は極々一部の海外担当部署で英語バリバリなメンバーや、元海外駐在経験者ばかり。他のメンバーには殆どチャンスの無い状況でした。

しかし、そんな企業にも、グローバル化の波が。

私は、以前の部署で国内顧客の運用を担当していたパッケージが、アジアの関係会社でも使われていたことから、数回のアジア出張のチャンスに恵まれました。



どうやって海外出張のチャンスを得たか

私は入社当時、海外にはほぼ行ったことがなく、興味もない人間でした。ちなみに、当時のTOEICは500点台前半。

しかし、新婚旅行で行った海外にて、日本とは異なる環境の面白さと、同じ海外旅行でも英語力があれば、もっと楽しめるのではないかとの思いが強くなり、独学でTOEICの勉強を開始し、コツコツと受験してきました。
(経緯は、当ブログのカテゴリ「TOEIC」の記事を参照下さい)

当時、TOEICスコアが610だったころ、社内での立ち話で、元上司に「英語できる?TOEIC何点くらい?」と何気なく聞かれ、「基本話せませんが610点」といった回答をしたところ、後日にアジア担当の話がおりてきました。

当時はTOEICを受けている人も少なく、600位でも、まぁまぁだったのかなと思います。しかし、TOEICを受けていなければチャンスはありませんでした。

最新のTOEICは760でしたが、英語力は、まだまだです。おそらく普通にビジネスの会話ができるのは、850程度でしょう。

しかし、社内で急な海外出張の必要が生じた際には、パスポートとTOEIC700程度あれば、まずは派遣候補には含まれるのではないかと思います。

TOEIC勉強して、是非、海外出張のチャンスを。



←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



子供にライフログを書かせるため、大人用の手帳を買いました。

2014.01.28(08:03)

子供にライフログを書かせたい
うちの子供(小学中学年)に、毎日少しでも、日記や思ったこと、欲しいもの、気になったことなどを書かせ、後で振り返ってもらおうと思っています。

そのため、以前にノートを買ってあげたことがあるのですが、長続きしませんでした。

しかも、たまにノートを使ったり、たまにはメモ帳を使ったりと、複数のところに書いていて、情報がバラバラでした。



大人用の手帳を買い与えました
そこで、ただのノートではなく、最初から日付が入っているノートであれば、毎日空白を埋める為に何か書くのではないか?と考え、それならばと、私自身が今年から利用していている大人用の手帳を、思い切って子供にも買い与えました。



DISCOVER DAY TO DAY DIARY の良いところ
1ページが1日分となっており、方眼になっているため、ひたすら自由に書くことができます。



結果は成功!子供は毎日、日記を書いています

子供としては、まずは大人用の本物の手帳をもらったことが、とても嬉しかった様で、毎日嬉々として書いています。

この手帳はサイズがやや大きく重いのですが、子供は普段出かける時も、持ち歩いてメモをを取ったりと、活用しています。
(サイズ:縦184mm×横128mm×厚さ15mm、重さ:410g)

また、(うちの子の性格も影響しているのかもしれませんが)書かないとその日のページが空白のまま終わってしまうので、もったいないという気持ちもあるようです。



まとめ
子供に買い与えるには、2500円程度と、決して安くはない価格でしたが、今のところ毎日日記が更新されており、買ってよかったと思っています。

毎日ほんの数行でも、気づいたことを書くことが、これからずっと習慣化されると良いなと思います。

少し気が早いですが、今年の大晦日には、家族で手帳を見ながら、今年を振り返ってみたいと思います。



←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



英語学習では、ESLPODの有料会員がお勧めな理由。

2014.01.23(08:15)

私は2012年初めより、ESLPOD(English as a Second Language Podcast)というPodcastを利用しています。



参考:ESLPODについて


現在のESLPOD利用状況
過去記事のときと変わらず、現在も月10ドルの有料会員を継続しています。無料会員でもPodcastを聴くことができますが、有料会員がダウンロードできるドキュメントは非常に有用です

ドキュメントの内容は、全文+単語の意味・例文+関連トピック(コラム)で、約10ページ。これを月・水・金の週3、一ヶ月で12~14ダウンロードできることを思えば、月10ドルは安いものです。(2012年よりは、だいぶ円安にはなりましたが・・)。

サンプルは次を参照下さい。
有料会員がダウンロードできるドキュメントのサンプルPDF


成果は?
TOEICのスコアを指標としてみると・・・

  • 受講前の2011年:730点
  • 2012年:740点
  • 2013年:760点
微妙なところではありますが、仕事でもプライベートでも殆ど英語を使わない中で、英語力維持には役立っていると思います。


ESLPODに必要な英語力
Podcast、テキストとも全て英語ですので、まずは高校生程度の英語力は必要かと思います。
ただし、単語は、難しい単語は解説が入りますし、iPhoneなどでドキュメントPDFの単語を長押しすれば辞書が引けます。
リスニングも非常にスローで、私は通常1.5倍速、2回目以降は2倍速で聴いています。
よって、恐るるに足りず、です。


まとめ
リーディング力と単語力は、通勤時間を利用したESLPODで学べると思っています。

一方、基礎的な文法と英会話は、自宅でのSkype英会話(イングリッシュ・ベル)で平日朝に学んでいます。

この両輪で、週末を犠牲にせず、総合的な英語力を向上したいと思います。月額費用面でも、イングリッシュ・ベルが20レッスンで9,800円、ESLPODが10USDですので、自己啓発費用としては常識的な範囲と考えます。


参考:イングリッシュ・ベルについて
以下の過去記事をご参照下さい。


←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



前ページ | ホームへ | 次ページ