情報処理技術者試験の午前対策

2007.01.11(02:18)
■午前対策の概要
■過去問の学習法
■継続学習がラク!
■午前対策の概要

「基本情報技術者」午前試験については、大変ですが参考書の全項目を幅広く時間をかけ勉強することをお勧め致します。この知識はより上級の資格の午前にも 共通するものだからです。
「ソフトウェア開発技術者」午前問題の半分は「基本情報技術者」資格の知識でクリアできると思います。是非「基本情報技術者」合格の知識が消えないうち に学習を進めて下さい。  

同様に「テクニカルエンジニア」試験の午前問題の半分は「基本情報技術者」「ソフトウェア開発技術者」の知識でクリアできます。残り半分は各資格に特化 した問題です。

以上の様に、下位試験の午前問題の知識が薄れないうちに次の試験に挑戦し続けていけば、午前対策の時間を大きく減らすことができ、その分午後問題対策の 時間を作り出すことができます。
※私自身の例:ここ数年「テクニカルエンジニア(データベース)」「テクニカルエンジニア(ネットワーク)」を受験しておりましたが、午前問題は通勤時間を利用し過去問を数回確認する程度でクリアできております。

■過去問の学習法

ポイントは【前回試験の問題は出ないので、前々回試験から3回分程度の過去問を確実に解く】ことです。実はTAC社オープンセミナーで講師に教えられたことなのですが、私は実践し毎回午前はクリアできております。

■継続学習がラク!

いくら午後Ⅰ・午後Ⅱでがんばっても、午前がボーダー以下のために採点すらされなかった、という事態を避けるために、継続学習を行い、労力をかけずに午前をクリアしましょう!
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



<<基本情報技術者の勉強法と参考書 | ホームへ | 「基本情報技術者」資格>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dekirupapa.blog87.fc2.com/tb.php/6-49f3aee3
| ホームへ |