スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

スノーボードのゴーグル選び雑感

2011.01.22(21:38)
(あくまで私が)ゴーグルを選ぶ基準のメモ。

ゴーグルは、顔が隠れるゲレンデでは、見た目を決める大きなファッション要素であり、視界確保という安全と楽しさに大きく関わる要素でもある、非常に非常に大切な道具。

私も過去いくつもゴーグル-を購入してきた経験から、私がゴーグルを選ぶ基準を記載する。

  • ダブルレンズであること。シングルレンズは、悪天候の時に曇る。

  • ヘルメット対応であること。形が、ヘルメットの形に合い、ストラップがヘルメットに十分な長さであること。

  • 顔の形にフィットしていること。スポンジと顔に隙間あると曇る。ジャパンフィットがあれば選ぶこと。鼻が低く彫りが浅いアジア向けに、スポンジが厚めになっている。誰しも合わない洋モノのモデルもあるので注意を。(数年前、ELECTICのゴーグルが合わないの声がmixyで非常に多かったのを覚えている)

  • レンズカラーはオレンジがピンク系がオールマイティー。ブルー系のミラーレンズが個人的には好きだが、ミラーレンズは子供とのアイコンタクトに問題あり、子連れにはお勧めしない。

  • フレームとベルトのカラーが派手であること(できればメットかビーニーやビンディングと色が合っていること。)

  • できれば偏向レンズ。雪面の凹凸が、見やすい。


我が家で選んだゴーグル(2010/2011)


全体通じ、大人ゴーグルはDICEブランドが好み。理由は、信頼の日本ブランド(SWANSブランドの山本光学)であること、毎年大きなモデルチェンジがなく継続され、過去モデルの新品を楽天等で安く購入できるため。我が家では、大人用ゴーグルでも7,000円以下を基準としている。


ゴーグルを曇らせないコツ

ダブルレンズで、かつ顔にフィットしたゴーグルを選んだら、大体曇らないが、さらにコツを。
  • 外に出る前にゴーグル装着し、外さないこと。雪の時など、外している時にゴーグル内部に水分が入り、それが曇りの原因に。

  • 余計なクリーニングをしないこと。ゴーグル内部の曇り止めは非常にデリケートで、こすったら簡単に取れるので、こすらないこと。また、市販の曇り止めなどは、使用しないこと。

  • ゴーグル内側を汚さないこと。部屋で干す時には、ホコリが中に入らない様、外側を上にして干すこと。

  • フェイスマスク選びに注意。吐いた息が、ゴーグルに上がってきてしまい、曇りの原因に。

  • ヘルメットをかぶると良い。転んでゴーグル外れ、中に雪が入ると、しばらくゴーグルが「終わって」しまうため。ヘルメットすれば、ゴーグル外れないので快適。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



<<TOEIC 2011 | ホームへ | スノボのプロテクターとヘルメット選び>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dekirupapa.blog87.fc2.com/tb.php/54-05c0e998
| ホームへ |