スノーボードのウェア選び雑感

2011.01.06(20:59)
スノーボードに毎週行く、経験10年ちょっとのスノーボードおじさん(30代半ば)の私見。世代が違う人とは、ギャップがあるんだろうなあ。

ジャケットは長めに
ジャケット短く、パンツのお尻が見えている人を多く見かける。特に初心者に多いかな。ジャケットのサイズミスで、転んだ時にお尻が出てしまう為と思われる。
ジャケットは思いっきり長めを選ぶと良い。スタイル(B系か、スリムか)は、ジャケットの太さと、ラインで決まるのであり、長さは、長めであるべきかと。短いジャケットでスタイリッシュは、なかなか難しいと思う。革ジャンとかライダージャケットをモチーフにしたショートタイプのジャケットも、あるにはあるが・・おしゃれ難易度高めです。
2011年現在の感じだと、ジャケットの長さは、パンツの股が完全に隠れるくらい、より少し長いくらいか。

パンツも長めに
しっかりしたヒザパッド入れて、さらにヒザを曲げて滑ると、パンツは相当ズレあがるが、そのときでもブーツのスネが見えない位の長さとする必要がある。パンツは、長すぎても滑るときに雪に触ることはないので、思いっきり長く。板を履かずスノーボードブーツだけ履いたときに裾が地面に触る位がちょうど良い。お店でブーツ脱いでパンツ試着したときには、かかとで裾を踏んでしまうくらいの長さとなる。

色は派手に

ゲレンデでは、背景は白一色、見られるのはゴーグル越し、さらに曇っていたり吹雪・霧もあるので、ウェアの色を選ぶセンスは、いつもの生活と同じではダメかと。
ということで、派手すぎるくらいが良い。上下原色の組み合わせが普通。ただしどちらかが柄だったら、どちらかは単色がいいのかな・・・とは思う。上下柄物をスタイリッシュに着るのは、なかなか難しい・・。また、ビーニーやゴーグルのフレームとウェアの色を合わせるのも良い。

個人的に良いなと思った色メモ(2011年1月現在)
黄緑×赤
青×赤
青×黄色(この組み合わせは、個人的に大好き。)
赤×黄色(タワーレコード、あるいはマクドナルド・カラー)
赤×白 (コカコーラ・カラー)←2011年現在、自分はこれ。白は汚れ目立つため春や屋内ゲレンデは不適。

赤について補足
赤は、朱色に近い、オレンジがかった赤が良い。多くの人が使っているオレンジレンズを通して、きれいに見える。
赤を蛍光ピンクに変えると、女性は可愛らしくなり、男性は一気に上級者風になる(ピンクの男性、上級者が多い印象)。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



<<BURTONのKIDSウェアを通販で買って、失敗したメモ | ホームへ | クワイアット・コンフォート2のイヤー・パッドを交換する。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dekirupapa.blog87.fc2.com/tb.php/52-bae6cacd
| ホームへ |