おすすめFX業者

2015年09月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. TOEIC、800点になりました。(09/15)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

TOEIC、800点になりました。

2015.09.15(09:08)

当ブログのTOEICカテゴリにて毎年のTOEIC受験について記載しています。

その中で、2013年は750点と記載しましたが、2014年のTOEICは800点を超え、2015年も800点台をキープできました。



なぜTOEICスコアが上がったか?

これは、試験慣れが大きいと思います。私は年に一度、2006年よりTOEICを受け続けており、それが奏功していると思います。

勉強方法は特に変えていません。試験一週間前から、10年も使っている、いつもの参考書を眺めるだけ。



また、最近は、以前ご紹介したSkypeの英会話などもサボっており、また海外出張や英語業務は全く無いのですが、それでも、TOEICスコアは上がりました。



TOEICスコアアップのコツ

心がけたのは、ご紹介した参考書に従い、タイムマネジメント重視、時間内に解き切ること。

特に最後のパート6と7の長文問題は、大学入試をクリアしたレベルの方なら、時間さえあれば確実に解けるようなレベルの英語ですので、時間を残すことです。

先に紹介した本は、小手先のテクニックに見えるものが沢山掲載されていますが、気にせず、実施すべきです。

テクニックで時間内に解き切ることができれば、時間切れ時代と比べて100点~150点程度はスコアが向上します。まずはそれを目指します。

スタート時点のスコアにもよりますが、まずはこの段階でTOEICスコアが600~700は超えれば、まだまだ話せないにしても、会社内では昇進や海外出張の最低基準はクリアできると思います。

そこから先のスコアアップには、総合的な英語力が試されますが、すでにスコアアップしていれば、英語を使った業務が発生しているかもしれません。

そこで英語のモチベーションが出れば、しめたもの。加速度的に、英語力は上がっていくはずです。

あとは、焦らず落ち着いて受験すること、直前数日は良く寝ておくこと、試験直前に食べすぎないこと、このあたりを注意しています。



慣れは大切

情報処理試験のITストラテジストやプロジェクトマネージャの試験の際も感じたことですが、試験は慣れが重要かと思います。

焦らず、少し長い目で、英語学習とTOEIC受験を続けてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、案外、海外出張などのチャンスが巡ってくるものです。(私は、そうでした。)






スポンサーサイト
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

| ホームへ |