おすすめFX業者

2013年10月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 英語で雑談したい!(イングリッシュ・ベル受講メモ)(10/31)
  3. やる気のある時に、まとめて予約すべし(イングリッシュ・ベル受講メモ)(10/30)
  4. 残業しないためのタスク管理(10/25)
  5. 速聴できるiPhoneアプリを探しました。(10/23)
  6. 朝型生活になった!(イングリッシュ・ベル受講メモ)(10/22)
  7. イングリッシュ・ベルのDMEレッスン開始(10/03)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

英語で雑談したい!(イングリッシュ・ベル受講メモ)

2013.10.31(21:08)
今朝も昨日同様に4時に起き、4時30分~55分にイングリッシュ・ベルのSkype英会話レッスンを受講しました。

(今日も、その後にランニングしてから出社。)

受講状況
今週は昨日(水)、本日(木)と、二回目。ちなみに、明日もレッスン予約してます。

今日のレッスンは、昨日までの部分の復習で殆どの時間を使いました。これも、早く進みたい人にはもったいないのかもしれませんが、昨日まで一週間近くあけてしまった私には、ありがたかったです。

また、今日はdictationテスト(書き取り)もありました。これは、Skypeのチャット機能を使い、先生が言った文を書くものです。
テキストにある単語のスペルは、把握する必要がありそう。
(ただ、現状では中学生レベルの単語なので簡単。)

進捗
DMEレッスン13コマ目。
テキストはブック1の38ページあたり。

今日の反省
今日の先生は、合間合間に、テキストの内容に合わせた雑談(今日の天気は?とか、髪の色がブラウンだったことある?等)を入れてくれたのですが、大した受け答えができず、、、。次こそは、と思いました。



スポンサーサイト
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

やる気のある時に、まとめて予約すべし(イングリッシュ・ベル受講メモ)

2013.10.30(08:46)
今朝は4時に起き、4時30分~55分にイングリッシュ・ベルのSkype英会話レッスンを受講しました。
(その後にランニングもできました。個人的に、素晴らしい朝のスタート!)

最近の受講状況
40日間有効の20レッスンを購入していることもあり、毎週平日の3-4日間は受講したいと考えていますが、先週と先々週は1レッスンのみ。ここ3週間は週一ペースと、かなりペースダウンしていますので、今週は今日、明日、明後日と朝にレッスンしようと考え、やる気のあるうちに、まとめて予約しました。

進捗
DMEレッスン12コマ目。
テキストはブック1のまだまだ前半、35ページあたり。

グラマーレッスンは、予め解いておいてサクサク回答しないと、レッスン時間がもったいないです。

今日の反省
無意識に、単数で良い場面でlettersなどとsをつけてしまうことが多く、指摘を受けました。明日は、気をつけようと思います。



←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

残業しないためのタスク管理

2013.10.25(08:39)
なるべく残業しないで仕事をこなすことを常に目指していますが、そのために非常に参考になる記事がありました。

シゴタノ! 無駄に会社に残らずすぐ帰る人がしている7つのこと


筆者の方は、タスク管理に関する本を出している方ですが、「気持ちよく帰るための準備をしておき、やることをやってさっさと帰る」ことができる様、7つの工夫しているそうです。

感想
詳しくはリンク先を参照頂きたいのですが、一見、他の記事や本で読んだり、自分が過去にやろうとした事と同じ様に見え、その中に加えてある「ひと工夫」がポイントの様、参考になりました。

たとえば、「朝イチに今日やることを決める」工夫では、「今日必ず」と「今日やっておきたい」を別管理することがポイントだそうです。

これにより、別の工夫である「昼に進捗状況を見直す」際に、遅れがあれば「今日必ず」に専念する形でリスケすることができるとのこと。

また、「できたことは記録として残す」ことにより、思うように進まなかった理由を分析し、自分を納得させてあげることが、気持ちよく帰るためのコツとのこと。

私は、タスクをこなしたらリストからガンガン消すだけで、実施したことの記録は取っていませんでしたので、このテクニックの効果には興味があります。

まとめ
これまでも、残業しないための仕事術系の本は、元トリンプの吉越浩一郎さんの数冊はじめ、たくさん読みました。しかし、いまひとつ身についていない感があります。

今回、たった7つの工夫ですので、早速今日から実行してみます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

速聴できるiPhoneアプリを探しました。

2013.10.23(19:43)
イングリッシュ・ベル(Skype英会話)で使用しているDMEメソッドのテキストには、CDが付属しており、テキストの内容がmp3音源として収録されています。

この音源をiPhoneに入れて聴いていますが、そのままではスピードが遅く、速聴したいと思いました。

標準アプリでは速聴できず
標準のmusicアプリは再生スピードを変えることができません。

Podcastアプリは、スピードを変えられるのですが、Podcastに特化しており、CDの音源のスピードを変えることができません。

参考にさせていただきました。
次のサイトに、様々なアプリを比較検討された結果が記載されており、非常に参考になりました。ありがとうございます!

時は金なり~速聴/倍速 iPhoneアプリ - Web学び
Web学び



選んだアプリ
語学プレーヤー〈NHK出版〉を選びました。
スピードが1.2倍、2倍、2.5倍、3倍と選べ
、再生音声も自然です。

一点注意は、標準アプリのmusicやPodcastと違い、再生中にイヤホンのコードが抜けても、再生が止まらないことです。

しかし、半月使用した感想としては、なかなか便利なアプリでしたので、今後も活用していく予定です。

追記。
プレイリストに登録した曲が読み込めないエラーが、二回発生しました。アプリを再起動しても治らず、諦めてプレイリストを再登録しています。改善を期待。

←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

朝型生活になった!(イングリッシュ・ベル受講メモ)

2013.10.22(09:35)
私は、TOEICは750点を超えましたが、英会話が非常に苦手で、Skype英会話スクールのイングリッシュ・ベルにて、フィリピンの先生からレッスンを受けています。

イングリッシュ・ベルについては、次の過去記事も参照下さい。

イングリッシュ・ベルを始めて二週間、当初購入した10レッスン(各25分)を消化しました。

私のスケジュール
平日の4:30~4:55のレッスンを受けています。
  • 前日23時までに寝られた場合は、朝4時起きに。(それ以降の場合は、無理せずレッスンをキャンセル)。

  • 起きて直ぐにゼリー飲料でカロリーを取りながら、パソコンを立ち上げつつ、直前の予習。

  • 4:30~4:55にレッスン受講。あっという間。

  • 5:00~6:00に朝ランニング。8~10km。さっき食べたゼリーがエネルギーになる頃。

  • シャワー、朝食後、7:00に家を出る。


思わぬ成果
前々から課題だった朝ランが、できるようになりました。

朝のレッスンにした理由
平日夜は、帰宅時間が不安定で、かつイングリッシュ・ベルは無料キャンセルが6時間前までのため、避けました。キャンセルは、もう少し前だと良いのですが、現状は、困っていません。

土日夜は、レッスンを後に控えると、お酒を飲んだりリラックスできなかったため、避けました。

朝にレッスンのメリット
朝のSkype英会話で、私が一番感じたメリットは、朝型生活になったことです。

今までは目覚ましを止めて二度寝してしまう場面でも、レッスン料を無駄にしないために、そして何より海の向こうでスタンバイしてくれている、素敵な先生を困らせない様、早起きできます。

今後
早速、追加で月20回コースのレッスンを購入しました。今後も無理せず、週間3-4ペースで、イングリッシュ・ベルとランニングを続けて行きたいです。





←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

イングリッシュ・ベルのDMEレッスン開始

2013.10.03(20:44)
英会話のENGLISH BELLのDMEクラスを一週間で5回受講しました(各回は25分)。その感想を、つらつらと記載します。ご参考までに。

DMEクラスのレッスン内容
レッスン内容は、テキストに即して、
・先生の言葉をリピートする
・フルセンテンスで、質問に答える
というシンプルなものです。また、レッスン中は、テキストは見ません。

イングリッシュ・ベルのDMEメソッド説明ページ
イングリッシュベル英会話:DMEメソッド



話すことが大事!
現在はテキスト一冊目の前半のため、まだまだ非常に簡単な「中学生英語」なのですが、予習していても、なかなか先生の質問に即答できない状況です。これでは、いくらTOEICで750を超えても、話せる訳がありませんね。

前々から、薄々必要性を感じながらもサボっていた音読やシャドーイング。こういったトレーニングが有用である事を改めて感じました。やはり話さないと英会話は上達しません(当たり前)。

しかし、音読やシャドーイングは通勤時間にできず、家で時間を確保する必要がありますが、なかなか難しいもの。
これに対し、イングリッシュ・ベルを始めとするオンライン英会話では、英語しか通じない先生に話すことで、シャドーイングよりも、ずっと高い効果が得られます。

DMEメソッドの繰り返し効果
DMEは一つのユニットで、何度も似たような表現を繰り返します。ミスがあると、それがなくなるまで、繰り返し質問を受けます。いわば千本ノック。
さらに、毎回必ず復習から始まるため、一つの表現を何度も何度も繰り返すこととなり、筋トレの様に英会話が体に染み付いていきます。

予習、復習は必要
予習しておかないと、知らない単語(都市名など)が出て焦りますので、予習は必要です。
(まぁ聞き取れなかったら、先生がSkypeのチャットで単語を教えてくれるのですが。)

また、レッスン後に復習することで、「次回レッスン最初の復習」の予習になります。
レッスン最初の復習でつまづくと、なかなか先に進めませんので、しっかり復習しましょう。
尚、復習にはテキスト付属のCDが有効です。私は、CDの内容をiPhoneに入れて、速聴アプリで再生し、通勤中に聴いています。

イングリッシュ・ベルの親切かつ素敵な先生達
今回、5回とも違う女性の先生のレッスンを受けました。
先生選びは、公開されている経歴にはこだわらず、受けたい時間に空いている方を選びました。(但し、明らかにレッスン予約がスカスカな方は、念のため外しました)。
結果、レッスン内容は差がなく、今のところハズレの先生はいなかったです。
発音も皆さん良く、各レッスンがどこまで進んだかも、きちんと引き継がれていました。
違いがあるとすると、少しのミスなら大目に見て次に進む傾向の先生と、完璧にクリアしないと次に進まない傾向の先生に分かれますが、大差はありません。

イングリッシュ・ベルのSkype環境
今のところ、全く問題はありません。
イングリッシュ・ベルは、一部のオンライン英会話にある様な、先生の自宅からのレッスンは無く、全てオフィスからのレッスンです。そのため、通信環境は安定しているのかと思われます。

一度だけ、先生の声が音量低く、自分のPCのボリュームを最大にしても、若干聴きにくいことがありましたが、これは、私が使っていたヘッドセットの設定アプリの「自動音量調整機能」が、最大ボリュームを下げていたことが原因でした。

補足(蛇足)
驚いたのは、先生が皆さんcuteあるいはbeautifulであること。先生を選ぶ画面に写真が掲載されておりますが、どの先生も、Skypeで拝見すると、写真よりも素敵な方でした(写真が悪い??)。

最初に購入した10回分のレッスンは、二週間で使い切る予定です(もっと買っておけば良かった)。
次回は月20回プラン9,800円(一回490円)を購入します。
月40回プランは、よりお得なのですが、まだ使い切る自信がありません。

結論
頑張らなくとも、楽しく続けられるイングリッシュ・ベル、今のところ満足しております。





過去記事
Skypeによるオンライン英会話学校の検討 ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

| ホームへ |