おすすめFX業者

2010年10月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. クワイアット・コンフォート2のイヤー・パッドを交換する。(10/11)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

クワイアット・コンフォート2のイヤー・パッドを交換する。

2010.10.11(01:52)
クワイアットコンフォート




愛用しているBOSE社製のQuietComfortシリーズ、クワイアットコンフォート2(現在は廃番)のイヤー・パッド(耳部分のクッションパッド)を交換した。

イヤーマフの部分の合成皮革?がボロボロになっているのに気付いたのは、海外出張の機中。「あれ、なぜか服に黒いゴマ粒の様なものがついてる・・・」それはイヤー・パッドから剥がれたカスでした。

ボロボロになったイヤー・パッド
交換前のイヤーマフ

部品交換するか、思い切ってクワイアットコンフォート15に切り替えるか・・・家族会議の結果、部品交換となる。残念。

クワイアットコンフォート2用のイヤーパッドは、ボーズ・オンラインストアのサイトで交換部品を検索すると、ユーザーサポート・アクセサリー/付属品の購入のページで見つけることができる。4,725円/1ペア。早速TELで注文する(この時、決済用のカード番号が必要)。

注文して数日後、イヤーパッドが届く。
届いた部品

中身は、イヤーパッド+コンポーネント保護用のシート(裏には両面テープ)。これが2セット。
イヤーマフ

マニュアルは英語と図だけのものだが、特に難しいことはない。
マニュアルは英文

手順1、イヤーパッド(旧)を外す。

これは、8か所のツメで固定しているだけなので、ゆっくりと引き剥がす。
古いイヤーマフを外す
その下の、コンポーネント保護用の黒いメッシュ・シートは、両面テープで接着されており、それもそっと剥がす。

手順2、メッシュ・シートを接着

シートの裏の両面テープ(2か所)を剥がして、そっと元の位置に貼る。英文マニュアルには、「コンポーネントの他の箇所を押さないように!壊れます!」と書いてある。
半分完成した状態

手順3、イヤーパッドをつける。

まず、本体に爪が8か所あることを確認する。
イヤーマフ部分をはめ込むツメ

次に、イヤーパッドを取り付ける。まず、本体に軽く押しこむ。
押しこむ

それだけでは、イヤーパッドのベースのプラスチック部分が本体の爪に入っていないので、自分の親指の爪などを使って、イヤーパッドを本体の爪の下に押し込む。
写真は、押しこみに成功した例。指の上のあたり、本体の爪が見えていればOK。
爪に押し込めた例

同様の手順を8か所の爪すべてに対して行う。写真は完成したところ。これであと数年は(本体が壊れるまでは・・・)使えるはず。
完成

しばらく使用しない時のコツ

あたりまえかもしれないが、標準のケースにきちんとしまっておくのが良い。
私はこのケースがかさばる為に、普通の袋にいれて放置していたら、イヤーパッドが変な形に潰れていた・・。
ケースに保存すること

今後について

しばらく使用できるとは思うが、頭のてっぺんに当たる部分のパッドについても老朽化(ひび割れ)が見られ始めた。ここ、大丈夫だろうか???
頭の部分は、相変わらず
スポンサーサイト
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

| ホームへ |