おすすめFX業者

2010年05月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. クワイアットコンフォート15を体験する(05/23)
  3. プロジェクトマネージャ・ITストラテジスト 論文対策 (コツ編)(05/23)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

クワイアットコンフォート15を体験する

2010.05.23(17:18)
クワイアットコンフォート



2006年より、QuietComfortシリーズのうちのクワイアットコンフォート2を愛用してきた。2007年頃にクワイアットコンフォート3が発売されてもあまり気に入らず、ずっと2の方をを使い続けてきたが、クワイアットコンフォート2の後継機種として、クワイアットコンフォート15が発売された。

クワイアットコンフォート2・3の次にクワイアットコンフォート15。急に大きくなった15という数字には、どの程度の意味があるのか。


クワイアットコンフォート2とクワイアットコンフォート15の違い
銀座・松屋のBOSEショップで体験。

・立ち上がりが早くなった
 電源ONからノイズキャンセリング開始までの「めまい」の様なタイムラグが無くなった

・ホワイトノイズ減少

・静粛性UP

 クワイアットコンフォート2と3は、イヤーマフの形状の差程度しか変わらい印象だったが、クワイアットコンフォート15は違う。明らかに、静かになっていた。この違いを言葉で表現するのは困難ではある。私は、すぐにでも飛行機の機内で使ってみたいと感じた。

・使用感
 イヤーマフ(スポンジ)が少し大きくなったか?ただ、ほとんどクワイアットコンフォート2と変わりない。

電池について
クワイアットコンフォート3が気に入らず、クワイアットコンフォート2を使い続けていた最大の要因は、クワイアットコンフォート3が小型化のために専用充電池を採用したこと。
クワイアットコンフォート15は、愛用のクワイアットコンフォート2と同様に単4電池1本。これで35時間持続。
国際線の往復にも問題なく、この電池はどこでも手に入る。手荷物でもう一本持ち込めば良い。
クワイアットコンフォートシリーズは、電池が切れると通常のヘッドホンとしても使用できなくなるため、サブの電池がいつでも手に入ることは非常に重要。

デザインについて
クワイアットコンフォート15は、クワイアットコンフォート2と、ほぼ変わらない。見間違えるほど。

価格について
クワイアットコンフォート2 :41,490 円[15の発売に伴い終売のため参考価格]
クワイアットコンフォート3 :47,250 円
クワイアットコンフォート15:39,900 円 (15は安いと感じる)

結論
・今までクワイアットコンフォート2を使用してきたなら:クワイアットコンフォート15に買い替えてもよいのでは
(特に飛行機、新幹線等に良く乗るなら)
・今まで3を使用してきた方:見送りか。(歩きながら、電車で立ちながら使用等ならスタイル重視の3か)
・新規にノイズキャンセリング・ヘッドホンを購入する:迷わずクワイアットコンフォート15を推奨。

ただし私自身は、クワイアットコンフォート2が故障するまでは見送りか。BOSEなかなか故障しない。。もうすぐ5年目に入るが・・。
スポンサーサイト
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

プロジェクトマネージャ・ITストラテジスト 論文対策 (コツ編)

2010.05.23(16:12)
クワイアットコンフォート



情報処理技術者試験・論文試験の、ちょっとしたコツのメモ
(論文試験一般でも活用できるか?)

過去、情報処理技術者試験の「プロジェクトマネージャ」と「ITストラテジスト」資格を取得した時の経験より。

・シャープペンシルの芯は濃いものを(私はB)
 文具屋で三菱鉛筆の300円の高級なものを購入。

・腕や指、手の甲の筋が非常に疲れるため、慣れたシャープペンシルで弱く書く。
 そのためにも芯は濃い方がよく、濃い軟らかい芯は消すことも容易。

・消しゴムは「カドケシ ミニ」。2個セットなので、机上に2つ置くと安心。

・原稿用紙には下敷きとして問題用紙などを挟む。既に書いたページが汚くなることを防ぐことができる。
 見た目の丁寧さは重要な要素。

・手に汗をかきやすいので、ハンカチを机上に出しておき、しょっちゅう手汗を拭く。
 汗で回答用紙が汚れることを防ぐ。

・段落変えを意識的に増やす。
 書き換えるときのリカバリー範囲が減る。但しページ稼ぎと判断されない程度に。

・シャープペンシル、消しゴムは多めに用意する
 心理的な安心感のため。シャープペンシル3本 + 鉛筆2本 + 消しゴム2個 程度。 ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

| ホームへ |