おすすめFX業者

2007年08月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 「お先に失礼!」する技術(08/30)
  3. 頭のいい人、悪い人の仕事術(08/28)
  4. TOEIC(08/28)
  5. 情報処理技術者試験、申込み受付中(08/25)
  6. 日商簿記3級に合格(08/25)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「お先に失礼!」する技術

2007.08.30(00:12)
今回とりあげる本
「お先に失礼!」する技術 「断る」「決断する」「切り上げる」「見極める」ための極意
柴田英寿
4872902238

著者は日立製作所の方ですが、本業の傍ら、執筆活動や大学の講師など、様々な活動をしています。
この本のテーマは、いかにして「会社を辞めず、本業もきちんとこなし」「自分の時間を作るか」という様なことです。
以下、私が印象に残ったことを書きます。役立ちそうだと思われましたら、是非この本をお手にとってみて下さい。

会議はムダ、但し開催するならば、この様に
事前準備に全力を。事前のメールやり取りでおおよそのことは決めておき、限られた時間でその内容を出席者全員で「確認」するのみ。自分がプロデュースするなら出席者に敬意を払い、最大の努力を払うこと。
→会議はムダ、というのは多くの仕事術本で指摘されているところです。私も「不要な会議は参加しない、開催しない」「開催するなら全力で下準備」心がけています。

資料作成はムダ
会議とあわせ、どうでもよい資料作成にかかる時間が最大のムダ。なぜこれらに時間をかけてしまうかというと、本当に大切な仕事をするよりもラクだから。
→資料は、いくらでも時間をかけることができますが、「本当に必要な資料か?」でふるいにかけ、さらに「必要だとしたら、どの程度の質が求められるのか」「使える時間はどのくらいか」考える必要がありそうです。
周囲に「資料大好き」で、何かにつけて「完璧な」資料を作成させたがる上司はいませんか?そんな人が「お先に失礼」することを阻んでいます。

お先に失礼する人、のブランドをつくろう
あの人は「定時に帰るひとなんだ」というブランドを作ってしまうこと。但し、日中は仕事に集中し、文句を言わせない。

定時になったら必ず「にこやかに帰る」
ちょっと遠慮しつつ、でも定時後の「楽しい」活動への期待で笑みがこぼれてしまいそうな、そんな表情で堂々と帰ること。堂々と楽しそうに帰ることで、段々と周囲も影響を受ける

お先に失礼する人とは・・
仕事が嫌いとか、勝手な人ではなく、「自分の人生を愛している人」です。

まとめ
「仕事術」「時間の使い方」「会議の方法」「メールの出し方」等々の細かなテクニックだけにとどまらず、「サラリーマンでいること」「会社と自分、双方にメリットのある会社生活か?」「限られた時間を自分と会社にどれだけ費やすか」について考えさせられ、同時に、「サラリーマンであってもライフワークへの挑戦はできる」という勇気を貰える本でした。
結論:買って良かった本です

スポンサーサイト
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

頭のいい人、悪い人の仕事術

2007.08.28(22:12)
■残業しない

SEに限らず、サラリーマンには「長時間残業」がつきものだ、という傾向がある様に思います。私自身、そうでして、月に50時間程度の残業を恒常的にしていました。

若く独り身の間は、通勤時間が短かったり、体力があったり、家ではひたすら寝たり出来たので良かったのですが、結婚し子供ができ、引越しに伴い通勤時間も長くなると、非常に辛くなってきました。

「子供と遊びたい」「ゆっくり寝たい」「自分の趣味の時間を持ちたい」・・・しかし現実は毎日帰宅は0時頃で、家では寝るだけ・・

数年前にその生活が本当に嫌になり、会社のせいにして転職を考えたり、資格で独立を考えたり、いろいろと逃避する方法を考えました。
(そのエネルギーが現在の資格取得熱につながっています)

そんな時に出会ったのが、次の本です。
これらのおかげで、私は自分の時間・将来に対する考え方、時間の使い方を見つめ直すことができました。そのためか、ここ2年ほどは(忙しい時期もありますが)平均残業時間20時間弱、休暇も15日以上は取得し、空いた時間で資格をいくつか取得することもできました


頭がいい人、悪い人の仕事術
ブライアン トレーシー Brian Tracy 片山 奈緒美
4776202271

著者はアメリカで著名な経営コンサルタントです。 この本を手に取ったのは、表紙の赤い帯に書いてある文字「あなたの上司の説教はマチガイだらけです!」

  • ・つきあいも仕事のうちだ!
  • ・間違いの原因を徹底的に分析しろ!
  • ・仕事を人まかせにするな!
これらが、まさに残業に苦しんでいる時期の上司の思想だと感じたからです。

この本の内容について印象に残っていることを挙げます。
・仕事の優先順位

  •  A 重要かつ急ぎ
  •  B 重要でないが急ぎ
  •  C 重要だが急がない
  •  D やる必要なし
  •  E 他人に委譲

→D・E(やらなくてもよい仕事)が実に多い!
→最も仕事の質の差が出るのはC。A・Bは最優先だが時間内に及第点を目指すに留め、合間にCにコツコツと時間をかけ質の高い仕事をすること

       
  • ・自分をしばっている「時間給」発想から抜けだす
  • ・図書館で本を探して借りて返す手間を考えるなら、即買ってしまえ・・  あなたの時給がたとえば25ドルとすると、その手間に価値はあるか?
  • ・速読を学ぶ

この手の「仕事本」を複数読んだ場合、共通点が多いかと思います ・パレートの法則(80対20の法則)に従い、最大の効果を挙げること ・ムダをなくすこと(特に会議、電話、来客) そこはしかたない部分であり、「また同じことが書いてある」ではなく「これは基本だから押さえないといけない」と考えています。

■まとめ
私が悩んでいる時期に最初に手にした本です。私はこの本で「転職など考える前に、まず自分を変えていこう」と考えることができました。 現在でも、モチベーションが下がりがちな時に読み返す、手放せない本です。

←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

TOEIC

2007.08.28(00:04)
最近受験したTOEICにて、初めて600点を突破しました。 数年ぶり4回目のTOEICでしたが、今回は試験制度が変わったこともあり「英語の勉強ではなくTOEIC対策」の参考書を半分ほど解いてみたところ、点数が80点ほどUPしました。

■TOEIC点数推移

  • 1998年 590点(まだ学生)
  • 2002年 570点(TOEIC対策無し)
  • 2003年 530点(少し英語の勉強をしていた)
  • 2007年 610点(TOEIC対策の参考書を2週間で半分だけ学習)

■参考にした本
私は書店でいろいろと迷った挙句、下の本を購入、2週間ほど通勤時間の電車のみで学習しました。残念ながら時間が無く、半分ほどしか終えることができず、付属の模擬試験もできませんでしたが、それでも点数UPできました。

新TOEICテスト 直前の技術―スコアが上がりやすい順に学ぶ
ロバート ヒルキ ポール ワーデン ヒロ前田 Robert Hilke
4757411219

この本ではタイムマネジメントと、選択肢を減らすためのテクニックを重視します。リスニングセクションの問題文「先読み」時間を生み出すためのマークシートテクニックなど「目からうろこ」でした。
効果の上がりやすい順番に構成されており、私の様に学習途中で本番を迎えることとなっても、最大の効果が出るように考えられています。
練習問題の量や解説も適切で、満足できる内容でした。
尚、本書はCDが2枚付属しており、私はiPodにいれ、ノイズキャンセリングヘッドホンを使用し電車内で学習しました。

←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

情報処理技術者試験、申込み受付中

2007.08.25(00:35)
締め切りは2007/8/28(火)です!

 詳細は、右のリンク欄「情報処理技術者試験センター」のページを参照。
私は「プロジェクトマネージャ」に申し込みました。 くれぐれも申し込み忘れの無い様、ご注意ください。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

日商簿記3級に合格

2007.08.25(00:30)
<このページの概要>
■はじめに
■勉強法+参考書
■電卓の選び方、テクニック
■参考リンク集


■はじめに

学生時代にまったく簿記に触れず、社会人となってからも経理系の仕事は行ってきませんでしたが、簿記の最低限の知識が無いと仕事上困る場面が多々出てきましたので、まずは3級から取得しました。

■勉強法+参考書
下記参考書と問題集を使用し、1ヶ月程度独学で勉強し、無事に1回で合格できました。
合格テキスト 日商簿記3級 Ver.5.0 (よくわかる簿記シリーズ) ※これは最新版で、私が使用したのはVer3.5です
解説を読み、例題を一通り解きました。

問題集
合格トレーニング 日商簿記3級 Ver.5.0 (よくわかる簿記シリーズ) ※これは最新版で、私が使用したのは一つ前のVer3.5です

テキストの1項目を終るたび、この参考書の数問をピックアップして解きました。問題量が膨大ですので全問解く必要は無いと思います。私は半数程度でしょうか。試算表の問題を重点的に解きました。

過去問題集

合格するための過去問題集日商簿記3級(TAC簿記検定講座)
※年に数回改訂されます。リンク先の最新版を使用下さい!

過去問は5回分程度、時間を計って解きました。

 ■電卓の選び方、テクニック

・早打対応の機種を使用しましょう

 対応していない場合、同じボタンを連打した際に1文字しか認識されないことがあります。

GT、M+、M-、MRC、←、AC、C の各種ボタンを使いこなしましょう
 (機種により異なることがありますので説明書を参照下さい)

12桁は必要です

・仕事が経理関係であれば
USBでPCに接続できる機種が良い
 (と職場の先輩に聞きました)
テンキーとして使用したり、計算結果のみPCに連携できます

■参考リンク集
参考:電卓のリスト Amazonで購入できる電卓のリストです。電卓は特価となっているものが比較的多いです

参考:USB電卓のリスト
上記リストよりUSB接続可能なものをピックアップ

参考:簿記対策・電卓操作に関連する本のリスト
簿記・会計士試験用の電卓操作術に関する本のリストです
(こんな本があるんです)

【生涯学習のユーキャン】簿記講座
通信教育という手もあります。
⇒日商簿記3級に合格の続きを読む ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

| ホームへ |