2007年01月

  1. テクニカルエンジニア(ネットワーク)(01/26)
  2. 「ソフトウェア開発技術者」の勉強法と参考書(01/24)
  3. 「ソフトウェア開発技術者」資格(01/20)
  4. 基本情報技術者の勉強法と参考書(01/17)
  5. 情報処理技術者試験の午前対策(01/11)
  6. 「基本情報技術者」資格(01/09)
  7. 決意。(01/05)


テクニカルエンジニア(ネットワーク)

2007.01.26(02:01)
■戦績
■勉強法と参考書
■感想
■午前問題について

--------------------------

- ⇒テクニカルエンジニア(ネットワーク)の続きを読む ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



「ソフトウェア開発技術者」の勉強法と参考書

2007.01.24(02:23)
<概要>
私が合格した際の「ソフトウェア開発技術者」勉強法と参考書です

■参考書+例題
■予想問題集+過去問
■参考:その他問題集

⇒「ソフトウェア開発技術者」の勉強法と参考書の続きを読む ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



「ソフトウェア開発技術者」資格

2007.01.20(01:32)
<概要>
■戦績
■勉強法
■感想
■午前問題について


⇒「ソフトウェア開発技術者」資格の続きを読む ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



基本情報技術者の勉強法と参考書

2007.01.17(01:38)
■はじめに
「基本情報技術者」資格の記事にも記述しましたが、情報処理の入門資格とはいえ、情報処理資格の初学者にとっては決して簡単な資格ではありません。 私自身の例ですと、ソフトウェア開発技術者やテクニカルエンジニア(ネットワーク)よりも時間をかけ勉強したと断言できます。
私は幸いにも、会社の新人研修で2ヶ月ほど勉強する機会に恵まれ、無事に合格することができました。もし、そのような教育を受ける機会が無いのであれば、通信講座も選択肢の一つだと思います。

■問題集+例題
私は会社での研修で基本知識を身につけた上で、  テキスト兼解説集(小ぶりのサイズ、左ページに問題、右ページに解説や覚え方例)と過去問を使用して学習しました。
※初学・独習ですと、基本知識を身につけるのが大変かと思われます。
私が「ソフトウェア開発技術者」「テクニカルエンジニア(ネットワーク・データベース)」で一押しの日経BP社「3週間完全マスター」シリーズもAmazonのレビュー結果はあまり良くないようで・・  基本情報に関しては自信を持ってテキストをお薦めできないのが正直なところです

テキスト兼問題集のリスト

過去問題集へのリンク

■通信教育
※基本情報の講座が開講されているものを探しました

【生涯学習のユーキャン】教養と資格を身に付けてみませんか?
2007.1現在【基本情報技術者試験合格指導講座】開講(C言語コース/Javaコース)
※標準受講期間:10ヵ月・添削回数:8回(模擬試験1回)。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



情報処理技術者試験の午前対策

2007.01.11(02:18)
■午前対策の概要
■過去問の学習法
■継続学習がラク!
■午前対策の概要

「基本情報技術者」午前試験については、大変ですが参考書の全項目を幅広く時間をかけ勉強することをお勧め致します。この知識はより上級の資格の午前にも 共通するものだからです。
「ソフトウェア開発技術者」午前問題の半分は「基本情報技術者」資格の知識でクリアできると思います。是非「基本情報技術者」合格の知識が消えないうち に学習を進めて下さい。  

同様に「テクニカルエンジニア」試験の午前問題の半分は「基本情報技術者」「ソフトウェア開発技術者」の知識でクリアできます。残り半分は各資格に特化 した問題です。

以上の様に、下位試験の午前問題の知識が薄れないうちに次の試験に挑戦し続けていけば、午前対策の時間を大きく減らすことができ、その分午後問題対策の 時間を作り出すことができます。
※私自身の例:ここ数年「テクニカルエンジニア(データベース)」「テクニカルエンジニア(ネットワーク)」を受験しておりましたが、午前問題は通勤時間を利用し過去問を数回確認する程度でクリアできております。

■過去問の学習法

ポイントは【前回試験の問題は出ないので、前々回試験から3回分程度の過去問を確実に解く】ことです。実はTAC社オープンセミナーで講師に教えられたことなのですが、私は実践し毎回午前はクリアできております。

■継続学習がラク!

いくら午後Ⅰ・午後Ⅱでがんばっても、午前がボーダー以下のために採点すらされなかった、という事態を避けるために、継続学習を行い、労力をかけずに午前をクリアしましょう!
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



「基本情報技術者」資格

2007.01.09(00:10)

■はじめに

■戦績
■勉強法
■感想
■基本情報技術者に合格したら・・

■はじめに

私は旧「第二種情報処理技術者」資格で取得しましたので、現行「基本情報技術者」資格の参考とならない部分もあるかと思いますがご容赦下さい。

■戦績
  • 1年目 春 ×  
  • 1年目 秋 ○ (当時、点数は分かりませんでした)
■勉強法
  • 会社の新人研修(2ヶ月間)・・基礎をみっちりと
  • 参考書兼問題集   分野別に 左ページ[午前問題] 右ページに[解説]   午後問題は後半に掲載   →見開きで完結するため細切れ時間での勉強に有効でした
  • 過去問・・・3年分ほど
※参考書については下記にまとめましたので、ご参照下さい
「基本情報技術者」の参考書について

■感想

情報処理関係の最初にチャレンジした資格でした。
文系の大学卒業直後の挑戦で「ゼロからのスタート」でしたが、幸い会社の新人研修で多くを学ぶことができました。
独習時間は少ないのですが、全て独学の他資格と比較して、「最も勉強した資格」だったと言えます。決して簡単な資格ではありません。  しかし、多少微妙な知識でも全て選択式であるために何とかなってしまうため、全てを理解していなくても合格できる面もあると思います。

■基本情報技術者に合格したら・

私が「基本情報技術者」の一つ上の資格「ソフトウェア開発技術者」の2日間セミナー(TAC社主催)に参加した際、講師の方は【「ソフトウェア開発技術者」の問題は、「基本情報技術者」の選択問題を記述式に変更したレベル】とおっしゃっていましたが、私も同感です。
つまり「基本情報技術者」の知識があれば、一つ上の「ソフトウェア開発技術者」合格の準備の大部分が終っていると考えて良いと思います。

「基本情報技術者」資格を取得できましたら、手を緩めずに「ソフトウェア開発技術者」に挑戦することをお勧めします。 ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



決意。

2007.01.05(00:33)
ある時期、大変忙しく、会社への不満が蓄積。給料は他社と比べ低いし、各種手当は削減、多忙
・・こんな会社、辞めようかな・・・

しかし結婚し子供を持ち、30代になり、会社を変えることは(私は)できない。 自分を見つめなおしてみると、自分は一社会人として、何ができるだろうか?他社でも通用する何かを持っているか?仕事以外の「人間力」は上がっているか?何もできない?このままでは子供に尊敬されるパパにはなれない、何とかしなければ・・

そんな現状を打破すべく、私は居眠りに充てていた通勤時間を資格の勉強や読書に充てることとした(通勤大学、なんて言葉があるそう)。その成果が段々と出始め、いくつか資格を取得することができた。

資格が仕事力には直ちに繋がる訳ではないが、努力が資格という「目に見える成果」に繋がることで、自信を持ち前向きに生活することができるようになった気がする。

ブログに、感じた・考えた事を記録して更なる自己研鑽の励みにしたい。 ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



| ホームへ |