マラソン

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 初ハーフマラソン大会のメモ(1時間45分)(03/06)
  3. 35過ぎてマラソンに挑戦(作成中(02/22)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

初ハーフマラソン大会のメモ(1時間45分)

2012.03.06(20:09)
2011年3月4日、立川シティーハーフマラソン、天気は曇り。気温は6-10度程度か?ほぼ無風。タイムは1時間45分。
感想
  • 普段、一人で黙々と走っているランニングと違い、非常に楽しかった。これは、病みつきになる。
  • 沿道で応援している人の声で、元気が出るというのも本当だった。手を振り返す度に、自分も加速できた。

ペースについて。
  • km辺り5分ペース。練習ランニングと同じペースで完走できたのは、良かった。
  • ヒザを故障し約二ヶ月間、20キロ走れないままの本番で足に不安あり、前半は混雑に任せる様に遅めペース(5分10秒/km)。後半、膝の違和感無くなり、ややペース上げた(4分50秒/km)。最後、1キロ、足が残っていたのでスパートしたつもりだったが、結果はジャスト5分/kmの1時間45分。
  • 次回は、前半3キロ程度はウォーミングアップで遅め、あとは、ひたすらイーブンペースで行くべきか。
  • 最初だけ4分40秒、後半4分25秒辺りで、トータル4分30秒/km、タイム1時間34分~35分が目標か?

服装メモ
上半身
  • adidasのtechfit長袖インナーに、サッカー用半袖シャツ
  • adidasのランニング用グローブ
    • スタート前寒く、後一枚薄手のアウター着るか迷ったが、着なくて正解だった。風が強い場合には半袖かベストのウィンドブレーカーがあると良かったか。
    • ゼッケン取り付け位置が低くボトルポーチと干渉した。次回は高めに。また、ワンタッチでゼッケンを着ける、ボタンの様なグッズを使用している人が居て、便利そうだった。
      • 追記、これはゼッケン留めというグッズ。安価でウェアに穴を開けずにゼッケンを装着できて良さそう。次回は導入予定。ただ、ゼッケン穴が空いている必要あるらしく、amazonのレビューによると、皆さん穴あけパンチも持参するらしい。
下半身
  • ヒザ下は、SKINSのパワーソックス(コンプレッションストッキング)
  • ヒザ上インナーは、SKINSのハーフタイツツ
  • ヒザサポーターは、ZAMST ZK-3
    • 膝に不安あり、ZK-3を使用。この3点セットは、元々サッカー用に使用していた組み合わせ。膝サポート性の強いロングタイツを持っていなかったし、手持ちのロングタイツにzk-3を組み合わせると途中でタイツ毎ズレ落ちるので、この組み合わせとした。結果、特に問題なし。
  • アウターは、ポケット付きの軽量なランニング用ハーフパンツ。
    • ポケットが役立った。ティッシュ入れ、途中でエネルギーゼリーのゴミと、ネックウォーマーを入れた。
  • 靴下は五本指の滑り止め付きショートソックス(super sports XEBIOで購入)。
  • シューズはadidasのいつもの初心者向け、クッション性重視のモデル。
    • まだ自分のレベルだと、特にレース用といった区分けは無い・・。
    • 靴紐、少々きつすぎ、後半気になった。
  • ネックウォーマー
    • これは不要だった。5km地点で外してポケットに入れた。
ポーチ
  • adidas製のランニング用ボトルポーチ、中には携帯と小銭、ボトル入れにはエネルギーゼリー (アミノバイタル マツキヨモデル250g) を。
    • ゼリーは持って行って良かった。空腹を全く感じずに走りきれた。
    • ドリンクも持参するべきだった。給水で結構ロスするし、今回の大会の様に給水所がスポーツドリンクでなく水だと、暖かい季節は不安。しかしボトルとゼリーの両方持てるだろうか?ゼリーではなく、軽量なジェルタイプにする必要ありそう。
    • 自分と同じようなポーチ利用して、自前のボトル持参の人も結構居た。CAMELBAK製の人が多かったか。ボトルはペットボトルではなく、ストローのものが、呼吸が乱れず良さそう。

当日の食事メモ。
  • 5時30分~6時 ご飯2膳+納豆+生玉子、チョコシリアル1杯+牛乳少量、紅茶250cc
  • 7時~9時 ポカリスエット 250cc
  • 8時30分 エネルギーゼリー1本 (250g)
  • 9時 粉末アミノ酸サプリ(東大の「体力」。アミノ酸3g)
  • 9時30分 スタート
    • 7km地点 エネルギーゼリー 半量
    • 11km地点 エネルギーゼリー 残り半量
    • 全給水所で、水を二口ずつ補給(5.5km、10km、15km、17km)
  • ゴール後、もらったスポーツドリンク、アミノ酸サプリ摂取。
    • プロテインか豆乳を持参し、ゴール直後に飲むべきだったか?
トイレメモ。
  • 7:50頃、会場入り直後にお腹不調、朝食シリアルの牛乳が原因?
  • スタート前一時間で二度トイレ(小)。
  • スタート直前にトイレ、ギリギリ間に合う。
    • エネルギーゼリーを一時間前に補給することを考慮すると、最後のポカリ補給は1.5時間前には完了すべきか?
  • レース中は尿意は問題なし。
    • 途中でエネルギーゼリー250g摂取したこともあり、給水所の水で丁度良かった模様。

その他、初マラソンで気づいたこと。
  • 荷物を預けてからスタートまでの寒さ対策は、45リットルポリ袋に頭、両手の穴あけ、かぶっている人が結構居た。
    • スタート後最初の給水所で捨てる。寒い時期は有効か。ただ今回は、最初5キロ、暑そうだった。
  • ヒザ故障中だったので、湿布を持っていき、ゴール直後に貼るべきだったか?
以上。

スポンサーサイト
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



35過ぎてマラソンに挑戦(作成中

2012.02.22(23:05)
35歳を過ぎて、マラソンに挑戦することに。サッカーのために、5キロ程度のランニングは行っていたが、周囲でマラソンをする30代、40代が増えていることで興味を持った。

2011年7月

週1-2程度、5キロ実施していたランニング、10キロに初挑戦、なんとなく走れることが判明。
ルートラボというサイトで距離を10キロ測定し、時計でタイムを計り定量化してみる。

2011年8月

RUNNETというサイトを知り、その中のブログに距離を記録し、グラフなど見てモチベーションを上げる。
サッカーのない週末は、基本的に10キロ走ることにして、平日は、早く帰宅した夜に5キロ程度走る。
走行距離、60キロ。
タイム、5キロは25分、10キロは1時間程度。

2011年9月

2011年10月

2011年11月

2011年12月

2012年1月

上旬、一日空けて20キロずつ走ったところ、ヒザを痛める。一月中旬、下旬は走れず。




←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



| ホームへ |