おすすめFX業者

プロジェクトマネージャ

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. プロジェクトマネージャ・ITストラテジスト 論文対策 (コツ編)(05/23)
  3. プロジェクトマネージャ合格[2009年](07/01)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

プロジェクトマネージャ・ITストラテジスト 論文対策 (コツ編)

2010.05.23(16:12)
クワイアットコンフォート



情報処理技術者試験・論文試験の、ちょっとしたコツのメモ
(論文試験一般でも活用できるか?)

過去、情報処理技術者試験の「プロジェクトマネージャ」と「ITストラテジスト」資格を取得した時の経験より。

・シャープペンシルの芯は濃いものを(私はB)
 文具屋で三菱鉛筆の300円の高級なものを購入。

・腕や指、手の甲の筋が非常に疲れるため、慣れたシャープペンシルで弱く書く。
 そのためにも芯は濃い方がよく、濃い軟らかい芯は消すことも容易。

・消しゴムは「カドケシ ミニ」。2個セットなので、机上に2つ置くと安心。

・原稿用紙には下敷きとして問題用紙などを挟む。既に書いたページが汚くなることを防ぐことができる。
 見た目の丁寧さは重要な要素。

・手に汗をかきやすいので、ハンカチを机上に出しておき、しょっちゅう手汗を拭く。
 汗で回答用紙が汚れることを防ぐ。

・段落変えを意識的に増やす。
 書き換えるときのリカバリー範囲が減る。但しページ稼ぎと判断されない程度に。

・シャープペンシル、消しゴムは多めに用意する
 心理的な安心感のため。シャープペンシル3本 + 鉛筆2本 + 消しゴム2個 程度。
スポンサーサイト
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

プロジェクトマネージャ合格[2009年]

2009.07.01(07:31)
クワイアットコンフォート
2009年4月の情報処理技術者試験で、プロジェクトマネージャに合格
プロジェクトマネージャ(以下プロマネ)は、”企業が社員に取得させたい資格”調査では常にランキング上位に位置する資格。

プロジェクトマネージャ資格は取得しやすくなった

2009年春からの情報処理資格試験制度改定により、プロジェクトマネージャ資格は、IPAの基準ではレベル5からレベル4へ引き下げ。レベル4は、高度情報処理資格のネットワークやデータベースと同様。

昨年秋の旧制度(午後2の論文でB判定、不合格)と本年春に受験した感想は次の通り。

午前:難易度変わらず。

但し午前問題が午前1(共通)、午前2(各試験区分専門分野)に分かれ、それぞれ足切り。今まで、知識が専門分野に偏っていたのであれば、共通分野の対策が必要。

午後1:時間的に難易度が低下

時間は変わらず90分だが、従来4問中3問選択のところ、新制度では4問中2問となった。長年情報処理試験を受験しているが、午後1で「時間に余裕がある」というのは稀有な体験。

午後2(論文):難易度変わらず

小問の数が3から4になっていますが字数は減少。

受験対策

参考書
プロジェクトマネージャ合格論文集 (情報処理技術者試験)
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2010年度版 (CD-ROM付)
過去問題は、どの資格であれ、前年を除く4年分を学習(前年分は出題されない)。
模擬試験
資格の学校TACの試験を自宅受験。7000円程度。 目的は、論文の添削を受けること最新のトレンドを反映した午前予想問題を得ること。 今回、特に参考書の買い替えはせず、新試験制度についても十分な調査をしていなかったが、模擬試験で問題数変更を知る。受験して良かった。

学習時間(前回の蓄積などもあり)

・合格論文集の熟読:通勤時間を利用(10h程度)
・模擬試験受験と復習10h午前過去問題:1h×4年分
・論文対策模擬試験で指摘された点を踏まえ、論文を書き直し。

その他

シャープペンシルの芯をBの濃いものを使用。濃い芯で、力を抜いて書くことを心がける。
消しゴムは、「カドケシ(ミニ)」が個人的にはお勧め。

論文の心構え


事例を用意しておく
プロマネ経験がなくとも、自社の先輩や上司が担当したプロジェクト、自分が一メンバーとして参加したプロジェクトの事例を利用し、自分がプロマネになったつもりで記述する。
「私はこうした」と自己主張する
「プロジェクトはこうなった」ではなく、「私はこの処置を実施した」「私はこのプランを選択した」等、自分が主体的に対処したことを主張する。
具体的な数値を示す
工数、予算、目標利益率、実際の利益率を具体的に。
プロジェクトの特異性を
勤務する会社や業界特有の事例だと、採点者の興味をひきつけることができる。
どんなピンチがあったのか?どんな新しい試みを行ったか?

最後に

プロジェクトマネージャ資格は、「これからプロジェクトマネージャに挑戦する」人が勉強しておくべき資格。経験不足でも全く問題ない。逆に、合格することで、実際のプロジェクトマネジメント業務を任されるきっかけとなるのでは。 ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

| ホームへ |