ノイズキャンセリングヘッドホン

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. クワイアット・コンフォート2のイヤー・パッドを交換する。(10/11)
  3. クワイアットコンフォート15を体験する(05/23)
  4. クワイアットコンフォートのバッテリープレゼントキャンペーン(06/24)
  5. クワイアットコンフォートのキャンペーン(11/26)
  6. クワイアットコンフォートが高い評価。(11/03)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

クワイアット・コンフォート2のイヤー・パッドを交換する。

2010.10.11(01:52)
クワイアットコンフォート




愛用しているBOSE社製のQuietComfortシリーズ、クワイアットコンフォート2(現在は廃番)のイヤー・パッド(耳部分のクッションパッド)を交換した。

イヤーマフの部分の合成皮革?がボロボロになっているのに気付いたのは、海外出張の機中。「あれ、なぜか服に黒いゴマ粒の様なものがついてる・・・」それはイヤー・パッドから剥がれたカスでした。

ボロボロになったイヤー・パッド
交換前のイヤーマフ

部品交換するか、思い切ってクワイアットコンフォート15に切り替えるか・・・家族会議の結果、部品交換となる。残念。

クワイアットコンフォート2用のイヤーパッドは、ボーズ・オンラインストアのサイトで交換部品を検索すると、ユーザーサポート・アクセサリー/付属品の購入のページで見つけることができる。4,725円/1ペア。早速TELで注文する(この時、決済用のカード番号が必要)。

注文して数日後、イヤーパッドが届く。
届いた部品

中身は、イヤーパッド+コンポーネント保護用のシート(裏には両面テープ)。これが2セット。
イヤーマフ

マニュアルは英語と図だけのものだが、特に難しいことはない。
マニュアルは英文

手順1、イヤーパッド(旧)を外す。

これは、8か所のツメで固定しているだけなので、ゆっくりと引き剥がす。
古いイヤーマフを外す
その下の、コンポーネント保護用の黒いメッシュ・シートは、両面テープで接着されており、それもそっと剥がす。

手順2、メッシュ・シートを接着

シートの裏の両面テープ(2か所)を剥がして、そっと元の位置に貼る。英文マニュアルには、「コンポーネントの他の箇所を押さないように!壊れます!」と書いてある。
半分完成した状態

手順3、イヤーパッドをつける。

まず、本体に爪が8か所あることを確認する。
イヤーマフ部分をはめ込むツメ

次に、イヤーパッドを取り付ける。まず、本体に軽く押しこむ。
押しこむ

それだけでは、イヤーパッドのベースのプラスチック部分が本体の爪に入っていないので、自分の親指の爪などを使って、イヤーパッドを本体の爪の下に押し込む。
写真は、押しこみに成功した例。指の上のあたり、本体の爪が見えていればOK。
爪に押し込めた例

同様の手順を8か所の爪すべてに対して行う。写真は完成したところ。これであと数年は(本体が壊れるまでは・・・)使えるはず。
完成

しばらく使用しない時のコツ

あたりまえかもしれないが、標準のケースにきちんとしまっておくのが良い。
私はこのケースがかさばる為に、普通の袋にいれて放置していたら、イヤーパッドが変な形に潰れていた・・。
ケースに保存すること

今後について

しばらく使用できるとは思うが、頭のてっぺんに当たる部分のパッドについても老朽化(ひび割れ)が見られ始めた。ここ、大丈夫だろうか???
頭の部分は、相変わらず
スポンサーサイト
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



クワイアットコンフォート15を体験する

2010.05.23(17:18)
クワイアットコンフォート



2006年より、QuietComfortシリーズのうちのクワイアットコンフォート2を愛用してきた。2007年頃にクワイアットコンフォート3が発売されてもあまり気に入らず、ずっと2の方をを使い続けてきたが、クワイアットコンフォート2の後継機種として、クワイアットコンフォート15が発売された。

クワイアットコンフォート2・3の次にクワイアットコンフォート15。急に大きくなった15という数字には、どの程度の意味があるのか。


クワイアットコンフォート2とクワイアットコンフォート15の違い
銀座・松屋のBOSEショップで体験。

・立ち上がりが早くなった
 電源ONからノイズキャンセリング開始までの「めまい」の様なタイムラグが無くなった

・ホワイトノイズ減少

・静粛性UP

 クワイアットコンフォート2と3は、イヤーマフの形状の差程度しか変わらい印象だったが、クワイアットコンフォート15は違う。明らかに、静かになっていた。この違いを言葉で表現するのは困難ではある。私は、すぐにでも飛行機の機内で使ってみたいと感じた。

・使用感
 イヤーマフ(スポンジ)が少し大きくなったか?ただ、ほとんどクワイアットコンフォート2と変わりない。

電池について
クワイアットコンフォート3が気に入らず、クワイアットコンフォート2を使い続けていた最大の要因は、クワイアットコンフォート3が小型化のために専用充電池を採用したこと。
クワイアットコンフォート15は、愛用のクワイアットコンフォート2と同様に単4電池1本。これで35時間持続。
国際線の往復にも問題なく、この電池はどこでも手に入る。手荷物でもう一本持ち込めば良い。
クワイアットコンフォートシリーズは、電池が切れると通常のヘッドホンとしても使用できなくなるため、サブの電池がいつでも手に入ることは非常に重要。

デザインについて
クワイアットコンフォート15は、クワイアットコンフォート2と、ほぼ変わらない。見間違えるほど。

価格について
クワイアットコンフォート2 :41,490 円[15の発売に伴い終売のため参考価格]
クワイアットコンフォート3 :47,250 円
クワイアットコンフォート15:39,900 円 (15は安いと感じる)

結論
・今までクワイアットコンフォート2を使用してきたなら:クワイアットコンフォート15に買い替えてもよいのでは
(特に飛行機、新幹線等に良く乗るなら)
・今まで3を使用してきた方:見送りか。(歩きながら、電車で立ちながら使用等ならスタイル重視の3か)
・新規にノイズキャンセリング・ヘッドホンを購入する:迷わずクワイアットコンフォート15を推奨。

ただし私自身は、クワイアットコンフォート2が故障するまでは見送りか。BOSEなかなか故障しない。。もうすぐ5年目に入るが・・。 ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



クワイアットコンフォートのバッテリープレゼントキャンペーン

2009.06.24(23:19)
クワイアットコンフォート

■2010追記■
2009年末クワイアットコンフォート15発売、クワイアットコンフォート2は終売
現在は、コンパクト・スタイル重視・充電式電池のクワイアットコンフォート3と、静粛性・音質重視のクワイアットコンフォート15の併売。


■クワイアットコンフォートシリーズのキャンペーン

QuietComfortシリーズ、バッテリープレゼントキャンペーンを行っている。
BOSEは時々このキャンペーンを行うが、今回は2009年5月29日(金)から2009年7月26日(日)まで。

■キャンペーン概要

  • 期間:2009/5/29-2009/7/26
  • クワイアットコンフォート2(乾電池使用)を購入すると、三洋電機の充電式電池[eneloop](単4電池×2)と充電器がもらえる。
  • クワイアットコンフォート3(専用充電池使用)を購入すると、専用スペアバッテリー(通常価格\4,725)がもらえる。
対象製品を期間中にご購入の方へもれなくプレゼント、応募の手続きは不要、製品とともにお届け、とのこと。 クワイアットコンフォート3は専用充電池のため、スペアバッテリーがあると重宝するか。
近日、飛行機で出張の予定のある方、資格の勉強をしている方、にはお勧め。

←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



クワイアットコンフォートのキャンペーン

2008.11.26(00:03)
クワイアットコンフォート

■2010追記■
2009年末クワイアットコンフォート15発売、クワイアットコンフォート2は終売
現在は、コンパクト・スタイル重視・充電式電池のクワイアットコンフォート3と、静粛性・音質重視のクワイアットコンフォート15の併売。


■クワイアットコンフォートのキャンペーン、2009/1/18までです。

私はBOSE社のノイズキャンセリングヘッドホン[クワイアットコンフォート2]を愛用しているが、現在[クワイアットコンフォート2]および[クワイアットコンフォート3]を購入すると、スペアバッテリーがもらえるキャンペーン中。安価なものではないので慎重に検討すべきだが、BOSEは時々キャンペーンを行うので、購入を決めているならチャンス。

■キャンペーン概要

  • 期間:2008/11/15-2009/1/18
  • クワイアットコンフォート2(乾電池使用)を購入すると、三洋電機の充電式電池[eneloop](単4電池×2)と充電器がもらえます。
  • クワイアットコンフォート3(専用充電池使用)を購入すると、専用スペアバッテリーがもらえる。
クワイアットコンフォート3は専用充電池のため、どこでも電池購入というわけにいかないので、スペアバッテリーがあると重宝するのでは。

■クワイアットコンフォートの買い方

クワイアットコンフォートシリーズは、ダイレクト販売限定商品。ただし、JAL機内、BOSEストアでの購入もできる。(JALビジネスクラス、ファーストクラスではレンタルも出来るらしい)

私はクワイアットコンフォート2で通勤電車を学習空間として、情報処理のテクニカルエンジニア資格(2つ)、簿記、TOEIC(700程度)を取得。クワイアットコンフォートシリーズ、お勧めのツール。


←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



クワイアットコンフォートが高い評価。

2007.11.03(01:41)
クワイアットコンフォート15

■2010追記■
2009年末クワイアットコンフォート15発売、クワイアットコンフォート2は終売
現在は、コンパクト・スタイル重視・充電式電池のクワイアットコンフォート3と、静粛性・音質重視のクワイアットコンフォート15の併売。


■雑誌記事で、クワイアットコンフォートが高評価

以前の記事BOSE(ボーズ)社のノイズキャンセリングヘッドホンQuietComfort2クワイアットコンフォート2)、QuietComfort3クワイアットコンフォート3)について書きましたが、ちょうど雑誌「日経トレンディ」 [ 2007年11月01日号]の特集『プレミアム商品の真実』にて、クワイアットコンフォート3とSONYの同種のヘッドホン「MDR-NC60」(15,000円程度) の比較記事が掲載されていました。
クワイアットコンフォート3の遮音性と音質には価格に見合う価値があるという結論でした。私が使用しているのはクワイアットコンフォート2ではありますが、同種の製品に評論家が一定の評価してくれたことで、「高すぎる買い物ではなかった」と再認識することができました。

■補足

  • クワイアットコンフォート3は専用充電池による充電式(約20時間)のためバッテリー切れ対応に注意が必要
    クワイアットコンフォートは、電池切の場合は通常のヘッドホンとしても使用できない。
  • SONY、またはクワアエットコンフォート2は乾電池式
  • 音質としてはクワイエットコンフォート3よりもクワイエットコンフォート2の方が評価が高い様です

■クワイアットコンフォート2

009年末クワイアットコンフォート15発売、クワイアットコンフォート2は終売
クワイアットコンフォート15

■クワイアットコンフォート3

クワイアットコンフォート3 ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



| ホームへ | 次ページ