おすすめFX業者

TOEIC

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. TOEIC、800点になりました。(09/15)
  3. 2013年のTOEIC、760点。(08/01)
  4. ESLPODの英語学習の経過。(05/29)
  5. TOEIC740点、ESLPODの成果?(09/17)
  6. TOEIC2011は、730点。(08/02)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

TOEIC、800点になりました。

2015.09.15(09:08)

当ブログのTOEICカテゴリにて毎年のTOEIC受験について記載しています。

その中で、2013年は750点と記載しましたが、2014年のTOEICは800点を超え、2015年も800点台をキープできました。



なぜTOEICスコアが上がったか?

これは、試験慣れが大きいと思います。私は年に一度、2006年よりTOEICを受け続けており、それが奏功していると思います。

勉強方法は特に変えていません。試験一週間前から、10年も使っている、いつもの参考書を眺めるだけ。



また、最近は、以前ご紹介したSkypeの英会話などもサボっており、また海外出張や英語業務は全く無いのですが、それでも、TOEICスコアは上がりました。



TOEICスコアアップのコツ

心がけたのは、ご紹介した参考書に従い、タイムマネジメント重視、時間内に解き切ること。

特に最後のパート6と7の長文問題は、大学入試をクリアしたレベルの方なら、時間さえあれば確実に解けるようなレベルの英語ですので、時間を残すことです。

先に紹介した本は、小手先のテクニックに見えるものが沢山掲載されていますが、気にせず、実施すべきです。

テクニックで時間内に解き切ることができれば、時間切れ時代と比べて100点~150点程度はスコアが向上します。まずはそれを目指します。

スタート時点のスコアにもよりますが、まずはこの段階でTOEICスコアが600~700は超えれば、まだまだ話せないにしても、会社内では昇進や海外出張の最低基準はクリアできると思います。

そこから先のスコアアップには、総合的な英語力が試されますが、すでにスコアアップしていれば、英語を使った業務が発生しているかもしれません。

そこで英語のモチベーションが出れば、しめたもの。加速度的に、英語力は上がっていくはずです。

あとは、焦らず落ち着いて受験すること、直前数日は良く寝ておくこと、試験直前に食べすぎないこと、このあたりを注意しています。



慣れは大切

情報処理試験のITストラテジストやプロジェクトマネージャの試験の際も感じたことですが、試験は慣れが重要かと思います。

焦らず、少し長い目で、英語学習とTOEIC受験を続けてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、案外、海外出張などのチャンスが巡ってくるものです。(私は、そうでした。)






スポンサーサイト
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

2013年のTOEIC、760点。

2013.08.01(21:14)
毎年一度受け続けているTOEIC、今年は760点でした。

これまでの経緯
1998年 590点 文系大学生
2002年 570点 社会人。TOEIC対策無
2003年 530点 同じく

2007年 610点 TOEIC参考書を2週間
<仕事で、たまに英語メール、たまに海外>
2008年 675点 始めて時間内に全問解く
2009年 705点 初の700越え
2010年 695点 あれ??

<仕事で英語使わなくなる>
2011年 730点
2012年 740点 ESLPOD始めた
2013年 760点 ESLPOD続けている

感想
TOEIC参考書は買い直すことなく、2007から同じのを試験二日前から見直しました。
もっとしっかりやれば、もっと点数上がるかもしれません。参考書自体はまだまだ使えます。



試験慣れしてきた事も大きいと思います。
特に緊張せずに受けられ、時間内に完答できる様になりました。
時間切れの人は、まずは上の参考書のテクニックで完答目指して下さい。それだけで50点から100点近くUPします。

ただ、このスコアアップが英語力向上かは実感なし。多分800超えてきたら、実感できるかもしれません。

今後
Skypeの英会話を実施予定(まだ体験学習で止まっています) ←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

ESLPODの英語学習の経過。

2013.05.29(07:53)
2012年の春頃に始めたESLPOD、まだ続いています。

ESLPODの詳細は、次の日記を参照下さい。
TOEIC740点、ESLPODの成果?

今日のEnglish cafe は、ロックバンド、EAGLESがテーマ。好きなバンドであり、今回のストーリーに目新しい内容はないのですが、やはり好きな話題を英語で聴くのは楽しいです。
English Café 400



ちなみに、今まで聴いて来た中で印象深いのは、チェスの天才、Bobby Fischerについての回です。
English Café 383


彼の生涯については、次も参考に。
ボビー・フィッシャー - Wikipedia

←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

TOEIC740点、ESLPODの成果?

2012.09.17(13:49)
例年一度は受験するTOEIC、2012年は740点。

感想
仕事でもプライベートでも英語を使用していないが、10点アップ、自己ベスト。
UP範囲は誤差の範囲であるし、点数的にも英語力的にも「まだまだ」ではあるが、英語力維持はできた。

一年間の英語学習を振り返る

新しく始めたこと
ESLPODを始めた。
English as a Second Language Podcast


これは、英語学習のためのポッドキャスト。カリフォルニアの英語教育機関のサービスで、毎週3回更新(月・水・金)。
内2回/週は、あるテーマに即した会話例2-3分と、その解説で、計15分程度。
1回/週はEnglish Cafeと称して、アメリカの文化について毎回2テーマ+世界中のリスナーからの質問に対しての回答、合計30分程度。テーマは映画、歴代大統領、ミュージシャン、作家、スポーツ選手、アメリカの制度について等、バラエティに富んだ内容。

英語は非常にスローで聴きやすい。私は、最初は定速で、現在ではiPhoneのPodcastの早聴き機能で、最初1.5倍速、二度目からは2倍速で聴いている。2倍速でネイティブスピーカーの早さかな?と推測。

料金は、ポッドキャストは無料。
無料でも、会話の回の会話例、English Cafeのその日のテーマ、代表的な単語Podcastにテキストとして取り込まれる。
iTunesからは過去1年分、公式Webサイトからはすべて(5年分)ダウンロードができる。

別途有料会員があり、例題・解説全文と、単語の解説、さらに追加のエッセイなどが含まれた毎回10ページ程度の解説テキスト(PDF)をダウンロードできる。月間10ドルで過去2週間分ダウンロードでき、最初に60ドル追加することで、過去すべて(5年分)のテキストがダウンロードできる会員もあり。

感想
英語が非常に聞きやすく、丁度良いレベルと感じた。しばらく無料で聞いていたが、現在は10ドルの会員となって解説テキストを入手している。この内容も濃く、週三回で月10ドルは、安いと思う。

学習スタイルは、iPhoneにてテキストをダウンロードし、Podcastを聞きながらiBooksアプリでPDFテキストを見ている。
分からない単語はiBooks上から単語をコピー(長押し)すればiPhoneの辞書アプリが開く。これは非常に便利。

私は週3のテキストでいっぱいいっぱいだが、もっと英文を読みたければ、同じサイトのブログも読みやすくお勧め。
ESL Podcast Blog



←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

TOEIC2011は、730点。

2011.08.02(01:07)
本年のTOEICの結果が返ってきた。730点。

自己ベストではあるが、特にTOEIC対策を頑張ったわけでもなく、偶然なのか、英語力が上がっているのか不明。

この一年、TOEIC対策より、次の参考書の学習ばかり、やっていた様に思う。
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
森沢 洋介
4860641345


昨年は秋に一度、東南アジアへ出張があったが、それ以外は英語使用する機会なし。

テスト結果からすると、READINGの語彙力が不足しているらしい。
しかし、実感からすると、リスニング力不足で、全然聞き取れない。

いい加減、もっとまじめに、英語勉強してみようか・・と思う今日この頃。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

| ホームへ | 次ページ