最近の記事

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 本ブログの更新について(10/01)
  3. TOEIC、800点になりました。(09/15)
  4. EPSONプリンタ廃インク吸収パッドのエラー、その後の顛末(09/02)
  5. サッカー日本代表と偶然遭遇した方のブログより(07/03)
  6. 金沢の銘菓「もりの音」を頂く。(05/23)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本ブログの更新について

2017.10.01(15:09)
本ブログは、最近更新していないにも関わらず、ITストラテジストやTOEICについてアクセスいただき、ありがとうございます。

管理人の私は、本ブログサービスの(主にスマートフォン版の)広告の多さが気になり、現在では独自レンタルサーバにてブログを継続しています。

いずれ、本ブログの内容も新ブログにて最新版に更新していきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。
(2017.10.1)
スポンサーサイト
←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



TOEIC、800点になりました。

2015.09.15(09:08)

当ブログのTOEICカテゴリにて毎年のTOEIC受験について記載しています。

その中で、2013年は750点と記載しましたが、2014年のTOEICは800点を超え、2015年も800点台をキープできました。



なぜTOEICスコアが上がったか?

これは、試験慣れが大きいと思います。私は年に一度、2006年よりTOEICを受け続けており、それが奏功していると思います。

勉強方法は特に変えていません。試験一週間前から、10年も使っている、いつもの参考書を眺めるだけ。



また、最近は、以前ご紹介したSkypeの英会話などもサボっており、また海外出張や英語業務は全く無いのですが、それでも、TOEICスコアは上がりました。



TOEICスコアアップのコツ

心がけたのは、ご紹介した参考書に従い、タイムマネジメント重視、時間内に解き切ること。

特に最後のパート6と7の長文問題は、大学入試をクリアしたレベルの方なら、時間さえあれば確実に解けるようなレベルの英語ですので、時間を残すことです。

先に紹介した本は、小手先のテクニックに見えるものが沢山掲載されていますが、気にせず、実施すべきです。

テクニックで時間内に解き切ることができれば、時間切れ時代と比べて100点~150点程度はスコアが向上します。まずはそれを目指します。

スタート時点のスコアにもよりますが、まずはこの段階でTOEICスコアが600~700は超えれば、まだまだ話せないにしても、会社内では昇進や海外出張の最低基準はクリアできると思います。

そこから先のスコアアップには、総合的な英語力が試されますが、すでにスコアアップしていれば、英語を使った業務が発生しているかもしれません。

そこで英語のモチベーションが出れば、しめたもの。加速度的に、英語力は上がっていくはずです。

あとは、焦らず落ち着いて受験すること、直前数日は良く寝ておくこと、試験直前に食べすぎないこと、このあたりを注意しています。



慣れは大切

情報処理試験のITストラテジストやプロジェクトマネージャの試験の際も感じたことですが、試験は慣れが重要かと思います。

焦らず、少し長い目で、英語学習とTOEIC受験を続けてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、案外、海外出張などのチャンスが巡ってくるものです。(私は、そうでした。)






←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



EPSONプリンタ廃インク吸収パッドのエラー、その後の顛末

2014.09.02(08:37)

既に2年近く前ですが、使用していたEPSONのインクジェットプリンタで「廃インク吸収パッドのエラーが発生し、無理やりカウンターをリセットしてエラーを回避した経緯をメモ:EPSONプリンタ EP-801A 廃インク吸収パッドのエラーに対処するの記事に記載しました。


その記事では、結びとして「カウンターはリセットできたが、いずれ、廃インク吸収パッド自体の交換もしてみたい」と書きましたが、その後の顛末です。


プリンタを買い換えることにしました

あまり面倒なことをしたくない私の性格もあり、また、プリンタ本体がどんどん低価格になっていたことから、廃インク吸収パッドをDIYで交換することは中止し、EPSONプリンタのインクを使いきった時点で、買い換えることにしました。



プリンタの使用目的を再考しました

これまで数年間、EPSONプリンタ EP-801Aを使用してきましたが、次の点に大きな不満をもっていました。

  • EPSONのインクカートリッジが高い
  • ノズル目詰まりが激しい
  • ノズルクリーニングで、やたら多くのインクを消費する


ご承知の通り、インクジェットプリンタは、交換インクで儲けるビジネスモデルですが、それにしてもEPSONのインクは高価です。

例)6色セットで約6,000円。

そこで、我が家のプリンタ使用スタイル、リクエストを再考しました。

  • 綺麗な写真印刷をするのは年賀状だけ。しかし面倒なので、今後の年賀状は業者に頼んでもよい
  • 通常の写真印刷は、しない。ネットで注文している。
  • 普段印刷するのは、クーポンや、トイレに貼りたい子供の勉強ポスター程度
  • 地図などはスマホがあるので印刷しない
  • コピー機能はあると嬉しい
  • CDレーベル印刷は欲しい
  • とにかくインクが安いのが良い
  • iPhoneから印刷できれば嬉しい


結果、前回EPSONプリンタを購入した時の「綺麗な写真印刷をしたい」というニーズから、かなり変わってきています。画質には、あまりこだわりません。



ブラザーのプリンタにしました

検討結果、前述のニーズを満たす安価なプリンタとして、ブラザーのプリンタにしました。



購入してみた感想

次の通りで、結論としては満足です。

  • 印刷品質は、それなり。写真印刷しないこであれば許容範囲。
  • デザインは良い。
  • WiFi接続は非常に便利。iPhoneからの印刷が便利、かつプリンタ設置場所が自由になる。
  • インクが安い


特に交換インクが安いのは、大きな魅力です。


インクは、自己責任にはなりますが、互換インクを使うことでさらにコストダウン可能です。
私は下記の「むさしのメディア社」の互換インクを二度程購入していますが、問題なく使用できています。

プリンタ本体も一万円しない様なものですし、互換インクが余りに安い(4色+黒の予備2つで、送料込み800円程度)ので、これでプリンタ本体が仮に壊れても、元が取れると思っています。


写真画質にこだわらないのであれば、EPSON・Canonだけではなく、ブラザーも、なかなか良い選択だと思います。

←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



サッカー日本代表と偶然遭遇した方のブログより

2014.07.03(08:19)

サッカーワールドカップでは、日本代表は2002、2010に続く決勝トーナメント進出ならず、非常に残念な結果に終わりました。

ドーハの悲劇で出場かなわなかった1994の大会(この時私は高校生でしたが、泣きました・・)の後、1998からは、5大会連続ワールドカップ参加していることもあり、出場すること自体は当たり前になった感があります。

しかし、まだまだ日本は、アジアではトップクラスでも、世界ではサッカー後進国。これからの進化を、長い目で応援して行きたいです。

ただ、まだ残された準々決勝、準決勝、決勝を楽しみにしたいと思います。



サッカー日本代表選手の、成田帰国までのエピソード

これに関して、次のブログが印象深いです。

日本代表が成田へ戻る便に、たまたま乗り合わせた方が、ドーハの空港ラウンドで撮影した、内田選手、吉田選手、岡崎選手、ザッケローニ監督を撮影した写真が掲載されています。

この方は、とくにサッカーファンという訳でもなく、ラウンジでiPod充電ケーブルがなくて困っていたら、貸してくれたのが、たまたま隣にいた内田選手だったそう!

戻りました。 - じゅりまま MY LIFE - Yahoo!ブログ


筆者の方が、(文書と文体から推測するに)やや年配の大変上品な女性の方であり、選手を全く知らない状態だったためか、選手は写真撮影に応じ、とても自然な表情の写真が撮影されています。

*なんとこの方は、アフリカ旅行で撮影された
ライオンの動画を、(それこそ家族に見せるかの様に)選手に見せたりと、選手と親しく交流をされた様です!なんとも、羨ましい!



日本代表の気持ち

このブログの中では、次の記載が非常に印象的でした。

**以下、引用(適宜改行)**


成田に到着したとき、ある選手が、「生卵を投げつけられるかもしれないぞ・・」と 言っているのが聞こえました。

それが、成田では出迎えの方達の 「お疲れさま~」の声と拍手だったので、心からこちらまで ほっとしました。

**引用終わり**

ワールドカップに関しては、敗退決定直後のメディアのバッシングがひどかったのが印象的でしたが、選手からも、 この様な冗談とも取れないコメントが出ていたのは、少しショックを受けました。

しかし、幸い成田空港では、「お疲れ様」の声に迎えられたとのこと。

結果は残念でしたが、今の日本で最高の選手を集め、皆が全力を出して、負けた。これが今の日本の実力です。

全力で戦った選手には、心から、お疲れ様と言いたいです。

また、この様なエピソードをブロクにアップして下さった方にも、感謝です。



そういえば私もメキシコ代表に遭遇していました

この記事で思い出したのですが、私も3月にアトランタへ行った際に、入国審査待ちの長い長い列で、サッカーメキシコ代表と小一時間一緒でした。

しかし、私は日本代表以外には疎く、その時は、ジャージを見ても顔を見ても、どの国の選手かわかりませんでしたし、入国審査待ちですから、写真も撮影できませんでした。

入国審査後では報道陣と少数のファンが待ち受けており、またスタッフは巨大な荷物をたくさん車に積んでいましたので、きっと代表チームなんだろうな、位に思っていました。

この奥の人ゴミに、選手が。


二日後あたりに現地のTVニュースで、アトランタにてメキシコ代表VSナイジェリア代表の親善試合が開催されたことを知り、あの選手達だ!と、やっと知りました。

そして、このワールドカップでのメキシコ代表の大活躍。あの時すれ違った選手達の中に、ドスサントス選手などもいたのでしょうか??
あの時知っていれば・・・。

こんな出会いは、あまり望んでもない様な人の元へ、ふと訪れるものなのですね。


←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



金沢の銘菓「もりの音」を頂く。

2014.05.23(07:19)
知人の方より、金沢への旅の土産として、「もりの音(おと)」というお菓子を頂きました。

もりの音、素敵なパッケージ。
何やら素敵なものが入っていそうな箱です。


一辺が1.5cm位の、カラフルな四角いお菓子が!


もりの音とは、どんなお菓子?
金沢の「茶菓工房たろう」さんのオリジナルお菓子です。
もりの音


どんな味?食感?
表面が薄い薄い飴で覆われていて、舌に乗せるととろけます。

舌で潰すと、中からいわゆる和菓子の寒天が出てきます。

味はプレーン、抹茶、ブルーベリー、黒糖。いずれも、割と薄味で上品。子供から年配の方まで、受け入れられる様な、優しい甘さでした。

また、人工着色料ゼロとのことです。


お値段は?
頂き物のお値段を調べるのも気が引けますが、リピートしたいので調査。上に記載したページによりますと、

  • スティック/1本(13粒)330円(税込)
  • スティック/2本入 690円(税込)
  • クリアケース (48粒)900円(税込)
でした。


結論、「もりの音」は贈り物にお勧め!
それ程高価でなく、パッケージ・実物とも素敵で、「これ何だろう?」のサプライズ感あり、さらに人工着色なしの健康志向。

これは、贈り物に非常に良いお菓子です。ちなみに通販でも購入できますので、金沢まで行かなくとも大丈夫です。(日持ち30日)。



非常にセンスの良い素敵なお菓子を知ることができて、知人には、大感謝です。



←記事が参考になりましたら、クリックお願いします。

スポンサーリンク



| ホームへ | 次ページ